ジャン・ジグー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャン=フランソワ・ジゴー
(画)レオン・ボナ

ジャン・ジグー(Jean-François Gigoux、1806年1月8日 - 1894年12月12日)は、フランスの画家、イラストレーターである。

略歴[編集]

ブザンソンで生まれた。ブザンソンの美術学校で学んだ後、1828年からパリのエコール・デ・ボザールで学んだ。テオドール・ジェリコージャン=バティスト・カミーユ・コローの弟子となり、彼らから援助を受けてイタリアで修行した。

初め、版画やイラストレーターとして画家のキャリアを始めた。1833年に創刊された定期刊行誌「Le Magasin pittoresque」に多くの作品を発表した。1835年にアラン=ルネ・ルサージュの小説『ジル・ブラース物語』(Histoire de Gil Blas de Santillane)の挿絵を描き評判になった。その後歴史画や肖像画も描くようになった。

1850年にオノレ・ド・バルザックが亡くなった後、未亡人となったポーランドの貴族の女性、エヴェリーナ・ハンスカと30年間にわたって一緒に暮らした[1]

レジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)を1842年に受勲し、1880年に、レジオンドヌール勲章(オフィシエ)を受勲した[2]

1885年に自伝、『私の時代の芸術家についての談話』("Causeries sur les artistes de mon temps")を出版した。


ジャン・ジグーが教えた弟子には、フランソワ=ルイ・フランセ (1814-1897)、エクトール・アノトー (1823-1890)がいる。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ En 1907, l'écrivain et polémiste Octave Mirbeau provoque un scandale en consacrant trois chapitres à la mort de Balzac dans son récit de voyage, La 628-E8, où il raconte que la comtesse Hanska batifolait avec Jean Gigoux pendant que Balzac agonisait dans une chambre voisine. Il retira ces chapitres alors que le volume était déjà imprimé, à la demande de la fille de la comtesse
  2. ^ Dossier Légion d'honneur de Jean François Gigout, peintre d'histoire, base Léonore »

参考文献[編集]

  • Alexandre Estignard, Jean Gigoux : sa vie, ses œuvres, ses collections, Besançon, Imprimerie de Delagrange-Louys, 1895.
  • Jacqueline Bouchot Saupique, Jean Gigoux..., Gazette des Bx Arts 1921/I, 177
  • Jacqueline Bouchot Saupique, Les dessins de la collection Jean Gigoux, "Beaux-Arts", 1er novembre 1923