ジャンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャンカは、コンクリート打設不良の事例の一つ。型枠を外したコンクリート構造物の表面に砂利が凝集・露出している部分。締め固め不足やセメントペーストの回りの悪さにより発生する[1]。「豆板」(まめいた)あるいは「す」と呼ぶ場合もある[1]

概要[編集]

  • コンクリートの仕上がり表面上に凹部が生じ、表面がザラつき粗骨材が確認できる状態をいう。極端に酷い場合には、大きな空隙ができ、鉄筋が露出することがある。
  • ジャンカの状態になると、コンクリートの中性化が加速し、通常のコンクリートの半分以下の強度になること、また、鉄筋コンクリートでは、鉄筋の腐食が進行する恐れがあることから、地震の際の建物の安全性や耐用年数に重大な問題が生じる。

対策[編集]

  • コンクリート打設時に、落下高を抑え、分離が生じにくくする環境にすること。
  • 開口部など施工精度が要求される、打設が行われにくい箇所には十分に締め固めを行うこと。
  • 型枠からペーストの漏れを防ぎ(型枠の隙間を減らす努力をすること等)、セメントと骨材が分離しないようにすること。

出典 [編集]

  1. ^ a b 『建築現場実用語辞典』建築慣用語研究会、井上書院、1988年、156頁。