ジャック・フランソワ・ブロンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャック・フランソワ・ブロンデル
Portrait of Jacques-François Blondel - Musée Carnavalet - Braham 1980 p37.jpg
生誕 1705年1月8日
フランス, ルーアン
死没 1774年1月9日(1774-01-09)(69歳)
フランス, パリ, ルーヴル宮殿
職業 建築家
配偶者
所属 新古典主義

ジャック・フランソワ・ブロンデル(Jacques-François Blondel, 1705年1月8日 - 1774年1月9日)はフランスの建築家、建築理論家。数学者、技師であったが建築に転じ,ルイ14世時代のフランス古典主義建築の一翼をになう存在となった。

代表作はパリのサン・ドニ門。理論家としても活躍、『建築教程』を著し,古典主義建築様式の尊重を説いた。(1617-1686)