ジャウンプル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャウンプルの街並み

ジャウンプルヒンディー語:जौनपुर, ウルドゥー語: جون پور‎, 英語:Jaunpur)は、インドウッタル・プラデーシュ州ジャウンプル県の都市。かつてはジャウンプル・スルターン朝の首都でもあった。

歴史[編集]

ウズベク人貴族の反乱における象の激突(アクバル・ナーマ1567年

1359年トゥグルク朝の君主フィールーズ・シャー・トゥグルクの命により建設された[1]

1388年、フィールーズ・シャー・トゥグルクは宦官マリク・サルワルをジャウンプルの総督に任命した。

同王の死後、1394年にマリク・サルワルは独立を宣し、その地位は2人の息子によって継承され、世襲王朝が誕生した(ジャウンプル・スルターン朝)。

1479年、ジャウンプル・スルターン朝はローディー朝との長い戦いの末、ジャウンプルを落とされ滅亡した。

16世紀後半、ムガル帝国に反旗を翻したウズベク人貴族が拠点とした都市の一つであった。

ギャラリー[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Stan Goron and J.P. Goenka: The Coins of the Indian Sultanates, New Delhi: Munshiram Manoharlal, 2001.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]