ジベンゾイルモルヒネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジベンゾイルモルヒネ
Dibenzoylmorphine.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
法的規制
  • Illegal under UN drug conventions as "ester of morphine"
化学的データ
化学式 C31H27NO5
分子量 493.549 g/mol
テンプレートを表示

ジベンゾイルモルヒネ(Dibenzoylmorphine)は、モルヒネの誘導体であるオピエートのアナログである。イギリスのCR Alders Wrightによって1875年に初めて合成された後、1900年代初頭に他の様々なモルヒネのエステルとともに開発されたが、医療用には用いられず、1925年にヘロインの販売が制限されて以降の約5年間、「デザイナードラッグ」として広く販売された。効果は事実上、ヘロインやモルヒネと同一だとされ、1930年に国際連盟のHealth Committeeによって、ジアセチルモルヒネ英語版の代替物としての販売が国際的に禁止された[1]

製造は、他のモルヒネエステルと同様に行われる。モルヒネを酸無水物(または塩酸等のその他の酸)で処理し、モノ、ジ、トリ、またはテトラエステルを得る。例えば、1875年の最初の合成では、モルヒネを安息香酸中で130℃で、無水酢酸を用いてヘロインを製造する要領で加熱した。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Esters of Morphine. UNODC Bulletin on Narcotics, 1953; Issue 2:36-38.