ジノニルナフチルスルホン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジノニルナフチルスルホン酸
Dinonylnaphthylsulfonic acid.GIF
分子式C28H44O3S
分子量460.712
CAS登録番号25322-17-2
融点259.5 °C
沸点600.4 °C
SMILESCCCCCCCCCc1cccc2cc(cc(CCCCCCCCC)c12)S(=O)(=O)O

ジノニルナフチルスルホン酸(ジノニルナフチルスルホンさん、Dinonylnaphthylsulfonic acid)とは有機化合物の一種である。

穏やかな皮膚刺激性と強い目への刺激性がある。

ケロシンに添加すると電気伝導率を上げる効果があるため、帯電防止剤としてデュポン社からStadis-450という商品名で販売され、ジェット燃料の添加剤として世界的に使用されている。