ジオキサンテトラケトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジオキサンテトラケトン
Dioxane tetraketone molecule{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 213967-57-8 チェック
特性
化学式 C4O6
モル質量 144.04 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジオキサンテトラケトン(Dioxane tetraketone)または1,4-ジオキサン-2,3,5,6-テトラケトン(1,4-dioxane-2,3,5,6-tetrone)は、C4O6の化学式を持つ有機化合物である。オキソカーボンであり、ジオキサンの四重ケトンと見なすこともできる。また無水シュウ酸(C2O3)の環状二量体と見ることもできる。

1998年、Paolo Strazzoliniらは、ジエチルエーテル中で-15℃で塩化オキサリル((COCl)2)または臭化オキサリル((COBr)2)をシュウ酸銀(Ag2C2O4)懸濁液と反応させた後、低温低圧下で溶媒を蒸発させて、この化合物を合成した。-30℃のエーテルトリクロロメタン溶液では安定であるが、0℃に加熱すると一酸化炭素(CO)と二酸化炭素(CO2)に分解する[1]。分子の安定性や配置は、理論的な方法でも分析された[2]

出典[編集]

  1. ^ Strazzolini, P.; Gambi, A.; Giumanini, A. G.; Vancik, H. (1998). “The reaction between ethanedioyl (oxalyl) dihalides and Ag2C2O4: a route to Staudinger’s elusive ethanedioic (oxalic) acid anhydride”. Journal of the Chemical Society, Perkin Transactions 1 1998 (16): 2553-2558. doi:10.1039/a803430c. 
  2. ^ Gambi, A.; Guimanini, A. G.; Strazzolini, P. (2001). “Theoretical investigations on (CO)n(CO2)m cyclic cooligomers”. Journal of Molecular Structure: THEOCHEM 536 (1): 9-16. doi:10.1016/S0166-1280(00)00601-1.