ジェームズ・バーナード (第4代バンドン伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第4代バンドン伯爵ジェームズ・フランシス・バーナード(James Francis Bernard, 4th Earl of Bandon, KP、1850年9月12日 - 1924年5月18日)は、アイルランド島出身で、グレートブリテン及びアイルランド連合王国の貴族、貴族代表議員アイルランド独立戦争で活躍したミドルトン伯爵は従兄弟にあたる。

財産[編集]

調停により1876年にコーク州の不動産を、1895年と1896年に、代理人リチャード・ウィーラー・ドハーティへの土地の抵当、ジョージとジョン・ジョーンズとドハティの弁護士任命などの再編を行った。1875年にコーク州執政長官に任命された。

IRAの戦闘[編集]

1921年6月21日、コーク州バンドン近郊の居城バーナード城が、ショーン・ヘイルズ指揮下のアイルランド共和軍によって焼失した。これは、アイルランドでイギリスが戒厳令を出していた地区の家を焼き討ちしたことに対する報復措置であった。地元のIRAの指導者トム・バリーは、アイルランド農民の報復だと語った。

バンドン伯爵は誘拐され、7月12日に解放されるまでの6週間、人質となった。IRAは、イギリスがIRAの囚人を死刑にすれば、バンドン伯爵を処刑すると脅した。監禁中、バンドン伯爵は交渉カードとして丁重に扱われた。トム・バリーは後に、この誘拐は1921年の英愛条約と停戦に役割を果たしたと信じると述べた。

家族[編集]

1930年代後半に、家族の一部はスコットランドに移住した。ロバート・バーナードの息子ジェームズ・オーウェン・バーナードはスコットランドのCardendenにいたという。 息子ロバート・ミッチェル・バーナードがいた。

参考文献[編集]

  • Registry of Deeds, ダブリン, 1876, 1895 and 1896 Bandon Historical Journal no 12, 1996
アイルランドの爵位
先代:
フランシス・バーナード
バンドン伯爵
1877年 - 1924年
次代:
パーシー・バーナード
名誉職
先代:
フランシス・バーナード
コーク州執政長官
1877年 - 1922年
(廃止)