シーザーとクレオパトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シーザーとクレオパトラ
Caesar and Cleopatra
監督 ガブリエル・パスカル
脚本 ジョージ・バーナード・ショー(原作も)
製作 ガブリエル・パスカル
製作総指揮 J・アーサー・ランク
出演者 クロード・レインズ
ヴィヴィアン・リー
音楽 ジョルジュ・オーリック
撮影 ジャック・カーディフ
ジャック・ヒルドヤード
ロバート・クラスカー
フレディ・ヤング
編集 フレデリック・ウィルソン
配給 イギリスの旗 イーグル=ライオン
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 BCFC/ニッポンシネマコーポレーション
公開 イギリスの旗 1945年12月11日
日本の旗 1950年9月2日
上映時間 138分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 約1,278,000ポンド
興行収入 2,250,000ドル(北米市場)
テンプレートを表示

シーザーとクレオパトラ』(原題:Caesar and Cleopatra)は、1945年に製作・公開されたイギリス映画である。

概要[編集]

ジョージ・バーナード・ショーの戯曲『シーザーとクレオパトラ』[1]の映画化であり、ショー自身が脚本を執筆した。プロデューサーガブリエル・パスカルが監督し、クロード・レインズヴィヴィアン・リー[2]がタイトルロールを演じている。

テクニカラー作品として撮影されている。

1973年11月30日に、フジテレビの『スペシャル洋画劇場』枠でテレビ放送されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・製作:ガブリエル・パスカル
  • 製作総指揮:J・アーサー・ランク
  • 脚本:ジョージ・バーナード・ショー
  • 音楽:ジョルジュ・オーリック
  • 撮影:ジャック・カーディフ、ジャック・ヒルドヤード、ロバート・クラスカー、フレディ・ヤング
  • 編集:フレデリック・ウィルソン
  • 美術:ジョン・ブライアン、オリヴァー・メッセル
  • 衣装:オリヴァー・メッセル

アカデミー賞ノミネーション[編集]

  • 美術賞(カラー):ジョン・ブライアン

脚注[編集]

  1. ^ 『シーザーとクレオパトラ』(岩波文庫)。クレオパトラは16歳の美少女でしかも女王。最初のせりふが「おじさん」(Old gentleman.)、次のせりふが「おじさん。逃げちゃいや」(Old gentleman: don't run away.)と若さを前面に出している。リーはこの可愛らしさを見事に演じた。
  2. ^ ショーは監督に説得されて映画脚本も書くことになり、主役を決める権限をもたされたのだが、どうしてもクレオパトラの役を取りたかったリーはショーの前で「ペルシャ猫のように」ふるまった。ただ、撮影中に妊娠が判明し、しかも流産をしたためにリーが苦しむことになる双極性障害の最初の発作が起きた。

外部リンク[編集]