シリコン・アレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フラットアイアン・ディストリクト (en) はシリコン・アレーの発祥地であり、現在この名前はニューヨーク都市圏にまで拡大したハイテクセクターの換喩である。

シリコン・アレー (Silicon Alley) は、ニューヨーク市マンハッタンを中心とし、ニューヨーク都市圏一帯にまで広がるハイテク産業の集積地を表す換喩である[1]。このハイテク産業とは、インターネットニューメディアテレコミュニケーションデジタルメディアソフトウェア開発, バイオテクノロジーゲームデザインファイナンシャル・テクノロジー (fintech) などのインフォメーションテクノロジー関連である。このエリアの起業家エコシステム (en) およびベンチャーキャピタルの投資によって支えられている。2014年10現在、ニューヨーク市はテクノロジーセクター (tech sector) において300,000人の従業員を抱えている[2]

背景[編集]

シリコン・アレーという用語はハイテク産業でより長い歴史を持つカリフォルニアのシリコン・バレーを文字っている。この地区は元々フラットアイアン・ディストリクト (en) に端を発している。これは5番街沿いのブロードウェイ23丁目の地点に建つフラットアイアンビルの近辺のミッドタウンロウアー・マンハッタンにまたがるエリアである[3]。シリコン・アレーが指すエリアが拡大していく初期には、ブルックリンダンボ地区も指すようになった。しかし、シリコン・アレーは単に場所を指すだけの言葉ではない。起業家精神がマンハッタンを越えてニューヨーク市やニューヨーク都市圏に拡大してゆき、インターネットやニューメディアベンチャー以外にも業態が拡大していくに連れて、この言葉の指す範囲はニューヨーク都市圏内の幅広い起業活動全般を包含するようになっている。

シリコン・アレーという言葉は1995年にニューヨークの求人担当者だったJason Denmarkによって造られたと言われている。彼はダウンタウン・マンハッタンに新しく芽生えつつあったテクノロジー集積地の顧客支援を行っていた。当時、もっぱらシリコンバレーに就職希望だった技術者たちを惹きつけるためにObject Technology DevelopersのネットニュースにSilicon Alleyと銘打った広告を投稿した。これは"Subject: NYC - silicon ALLEY"というタイトルで1995年2月16日に投稿された。1995年6月16日にもJason Denmarkは"Subject: SILICON 'ALLEY' POSITIONS"という投稿を行っている。

シリコン・アレーを初めて取り上げたメディアはオンライン・ニュースレターの@NYである。シリコン・アレーにおけるベンチャーキャピタルの機会にフォーカスした初めての雑誌、AlleyCat Newsは1996年秋に創刊された。2000年代に入って、シリコン・アレーのインターネット産業はますます拡大していった。バイオテクノロジー産業もシリコン・アレーで成長を続けており、コーネル大学イスラエル工科大学ルーズベルト島に応用科学の大学院キャンパスを建設することになっている[4][5]

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注
  1. ^ Megan Rose Dickey and Jillian D'Onfro (2013年10月24日). “SA 100 2013: The Coolest People In New York Tech”. Business Insider. 2014年7月30日閲覧。
  2. ^ Jillian Eugenios, Steve Hargreaves and Aimee Rawlins (2014年10月7日). “The most innovative cities in America”. CNNMoney. 2014年10月7日閲覧。
  3. ^ Karim Lahlou. “Startups move to co-shared offices amid high real estate prices”. The Midtown Gazette. 2014年8月20日閲覧。
  4. ^ RICHARD PÉREZ-PEÑA (2011年12月19日). “Cornell Alumnus Is Behind $350 Million Gift to Build Science School in City”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/12/20/nyregion/cornell-and-technion-israel-chosen-to-build-science-school-in-new-york-city.html?scp=3&sq=cornell&st=cse 2014年8月1日閲覧。 
  5. ^ Ju, Anne (2011年12月19日). “'Game-changing' Tech Campus Goes to Cornell, Technion”. Cornell University. 2014年8月1日閲覧。
参考文献

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度44分32秒 西経73度59分28秒 / 北緯40.7421度 西経73.9911度 / 40.7421; -73.9911