ショウボート (1936年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ショウボート
Show Boat
Irene Dunne-John Mescall in Show Boat.jpg
監督 ジェイムズ・ホエール
脚本 エドナ・ファーバー(原作)
オスカー・ハマースタイン2世
製作 カール・レムリ・Jr
出演者 アイリーン・ダン
アラン・ジョーンズ
音楽 ジェローム・カーン
撮影 ジョン・J・メスコール
編集 バーナード・W・バートン
テッド・J・ケント
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1936年5月14日
日本の旗 1936年11月1日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ショウボート』(原題:英語: Show Boat)は、1936年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

ジェローム・カーン作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞のミュージカル『ショウボート』(1927年ニューヨーク初演)の映画化であり、ジェイムズ・ホエールが監督、アイリーン・ダンアラン・ジョーンズが主演した。ニューヨーク初演当時のオリジナルキャストであったチャールズ・ウィニンジャーポール・ロブスンヘレン・モーガンも出演している。

『ショウボート』は1929年に一度ユニバーサル映画によってミュージカル映画ではない普通の映画として映画化され大ヒットしているが、社主カール・レムリはこの映画の出来に不満であった。1935年、当時ユニバーサル映画の社長であったカール・レムリ・Jrは、ミュージカルのオリジナルキャストを起用しさらに贅沢にリメイクすることを計画したが、制作費の思わぬ超過によってユニバーサル映画の資金繰りは行き詰まり、レムリ家は銀行などの手によってユニバーサル映画から追放されることになった。

ユニバーサル映画の危機の元になった『ショウボート』は、公開されて以降は興行面でも批評面でも大成功し、現在ではミュージカル映画史上の金字塔となっている。

キャスト[編集]

  • マグノリア:アイリーン・ダン
  • ゲイロード:アラン・ジョーンズ
  • アンディ・ホークス(マグノリアの父):チャールズ・ウィニンジャー
  • ジョー:ポール・ロブスン
  • ジュリー:ヘレン・モーガン

スタッフ[編集]

  • 監督:ジェームズ・ホエール
  • 製作:カール・レムリ・ジュニア
  • 脚本:オスカー・ハマースタイン2世
  • 撮影:ジョン・J・メスコール
  • 編集:バーナード・W・バートン、テッド・J・ケント
  • 美術:チャールズ・D・ホール
  • アイリーン・ダンの衣裳:ヴェラ・ウェスト
  • 衣裳:ドリス・ジンケイセン

映画賞ノミネーション[編集]

外部リンク[編集]