シュミット半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シュミット半島(シュミットはんとう、ロシア語: Полуо́стров Шми́дта)は、樺太北部にある半島である。かつては聖エリザベート半島と書かれた地図も存在した。南北方向に長さ50kmあり、最北端は樺太の最北端でもある鵞小門岬(がおとみさき)が存在する。

半島には中央部に谷があり、谷を挟むように東西それぞれに尾根がある。東部の尾根の最高標高は623mとなっている。カラマツトウヒの森、そして沼ががいたるところにある。

名称[編集]

この地域の先住民であるニヴフは、ミフトングルと読んでいた。現在の名称であるシュミット半島は、1908年に地質学者のニコライ・ティホノビッチによって、サハリンを訪れた最初の地質学者であるフョードル・シュミットに敬意を表してこのように命名された。

概要[編集]

東の尾根の北端は、ウドット (552m) とバクラニー (539m) の山々、及び鵞小門岬(別名:エリザベート岬)があり、西部の尾根の北端はメアリー岬がある。

地形[編集]

[編集]

  • 鵞小門岬(別名:エリザベート岬)
  • メアリー岬

[編集]

  • セヴェルヌイ湾
  • プロンゲ湾

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]