シャワンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャワンダ
Requestpicture.JPG
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2002年3月3日(16歳)
Sinndar
Shamawna
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 His Highness the Aga Khan's Studs S.C.
馬主 His Highness Aga Khan
Godolphin
調教師 Alain de Royer-Dupre
Saeed bin Suroor
競走成績
生涯成績 7戦5勝
獲得賞金 44万1650ユーロ
テンプレートを表示

シャワンダ (英語: Shawanda) は、アイルランド生まれの競走馬。おもな勝ち鞍は2005年アイリッシュオークスヴェルメイユ賞

父は2000年エプソムダービーアイリッシュダービー凱旋門賞などに優勝したシンダーで、本馬はその初年度産駒にあたる。

経歴[編集]

現役時代[編集]

アガ・カーン4世の生産・所有馬として、フランスのアラン・ド・ロワイエデュプレ調教師の下に預けられ、2005年4月11日メゾンラフィット競馬場にてクリストフ・スミヨンを背にデビュー。初戦こそ2着に敗れたが、その後3連勝でロワイヨモン賞(フランスG3)を制覇しアイリッシュオークスに駒を進めると、前年のフィリーズマイル優勝馬プレイフルアクト以下に5馬身差をつける圧勝を飾った。

続くヴェルメイユ賞も序盤から先手を奪うとほぼ馬なりのまま押し切るという余裕の内容で快勝。5連勝で臨んだ凱旋門賞ではアイリッシュダービー馬のハリケーンランエプソムダービーモティヴェーターらとともに有力候補に推されたものの、直線半ばで失速し、勝ったハリケーンランから約6馬身離された6着に終わった。後に、競走中に骨盤にひびが入る軽度の故障を負っていたことが判明している。

凱旋門賞後ゴドルフィンへとトレードされ、サイード・ビン・スルール厩舎に移籍して2006年シーズンを迎えるも、復帰戦に予定されていた6月のハードウィックステークス(イギリスG2)を右前脚の故障のため当日になって回避。以降も調整が続けられていたが、結局移籍後は1走もすることなく10月に引退が発表され、繁殖牝馬となった。

引退後[編集]

主な産駒[編集]

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 1着(2着)馬
2005.04.01 メゾンラフィット ダシュカ賞 芝2100m 2着 C.スミヨン L'Enjoleuse
2005.04.29 シャンティ フォッシーオビッシュ賞 芝2000m 1着 C.スミヨン (Bastet)
2005.05.15 ロンシャン セーヌ賞 準重 芝2200m 1着 C.スミヨン (Asi Siempre)
2005.06.04 シャンティ ロワイヨモン賞 G3 芝2400m 1着 C.スミヨン (Royal Highness)
2005.07.17 カラ 愛オークス G1 芝12f 1着 C.スミヨン (Playful Act)
2005.09.11 ロンシャン ヴェルメイユ賞 G1 芝2400m 1着 C.スミヨン (Royal Highness)
2005.10.02 ロンシャン 凱旋門賞 G1 芝2400m 6着 C.スミヨン Hurricane Run

血統表[編集]

シャワンダ血統ダンジグ系 / Mill Reef4×4=12.5%、Northern Dancer4×5=9.38%、Abdos4×5=9.38% (血統表の出典)

Sinndar
1997 鹿毛
父の父
Grand Lodge
1991 栗毛
Chief's Crown Danzig
Six Crowns
La Papagena Habitat
Magic Flute
父の母
Sinntara
1989 鹿毛
Lashkari Mill Reaf
Larannda
Sidama Top Ville
Stoyana

Shamawna
1989 鹿毛
Darshaan
1981 鹿毛
Shirley Heights Mill Reaf
Hardiemma
Delsy Abdos
Kelty
母の母
Shamsana
1985 鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Shanizadeh *ボールドリック
Sariah F-No.22-d


外部リンク[編集]