シャルル・ラベマナンザーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャルル・ラベマナンザーラ
Charles Rabemananjara
Charles Rabemananjara detail, 12th AU Summit, 090203-N-0506A-616.jpg
生年月日 1947年6月9日
現職 首相
所属政党 マダガスカルを愛す(TIM)

内閣 マーク・ラヴァルマナナ
在任期間 2007年1月20日 - 2009年3月17日
大統領 マーク・ラヴァルマナナ
テンプレートを表示

シャルル・ラベマナンザーラ英語: Charles Rabemananjara1947年6月9日 - )はマダガスカル共和国政治家。10代首相。2009年マダガスカル・クーデターによりマーク・ラヴァルマナナと共に失脚した。

経歴[編集]

1947年6月9日生まれ。政界に進出し、2004年マダガスカル軍の責任者となる。2005年11月28日には内務大臣に就任した。2007年1月20日に当時大統領のマーク・ラヴァルマナナ政権首相に任命される。

2009年1月から3月にかけて勃発したマダガスカル政治危機のマダガスカル・クーデターでは、野党指導者アンドリー・ラジョエリナマダガスカル軍を率い、大統領(当時)のマーク・ラヴァルマナナが立てこもる大統領府を占拠し、政権を握った。これに伴い、ラベマナンザーラは首相から失脚した。

関連項目[編集]


先代:
Jacques Sylla(en)
10代マダガスカル首相
2007年 - 2009年
次代:
モンジャ・ロインデフォ