シャルル・ド・ブルボン=ソワソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャルル・ド・ブルボン=ソワソン
Charles de Bourbon-Soissons
ソワソン伯
CharlesdeBourbonComtedeSoissonCustos.jpg
出生 (1566-11-03) 1566年11月3日
死去 (1612-11-01) 1612年11月1日(45歳没)
配偶者 アンヌ・ド・モンタフィエ
子女 ルイーズ
ルイ
マリー
父親 コンデ公ルイ1世
母親 フランソワーズ・ドルレアン=ロングヴィル
テンプレートを表示

シャルル・ド・ブルボン=ソワソン(Charles de Bourbon-Soissons, 1566年11月3日 - 1612年11月1日)は、ブルボン家傍系ブルボン=コンデ家の人物。ソワソン伯コンデ公ルイ1世と2番目の妻フランソワーズ・ドルレアン=ロングヴィルの息子で、コンデ公アンリ1世の異母弟、フランスアンリ4世の従弟に当たる。

ユグノー戦争ではカトリック同盟に加わり、プロテスタント派の異母兄や従兄と敵対する立場に立った。

子女[編集]

1601年、アンヌ・ド・モンタフィエと結婚し、以下の子女をもうけた。

先代:
ルイ・ド・ブルボン=コンデ
ソワソン伯
1569年 - 1612年
次代:
ルイ・ド・ブルボン=ソワソン