ザームエル・オッペンハイマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Samuel Wolf Oppenheimer

ザームエル・オッペンハイマー(Samuel Oppenheimer, 1630年ハイデルベルク - 1703年5月3日 ウィーン)は宮廷ユダヤ人の一人。

概要[編集]

レオポルト1世 (神聖ローマ皇帝)の寵愛をほしいままにして、晩年に大トルコ戦争の戦費を援助した。ザームエルのためにen:Prince Eugene of Savoyはトルコから夥しいヘブライ語文献を買いつけ、それはデビッド・オッペンハイマー図書館の主要な蔵書となった。現在、ボドリアン図書館に所蔵されている。

また、パレスチナに帰還して定住しようとするユダヤ教徒への支援を行った。

1757年から1763年まで、孫のヤコブ(親は子のサイモン)はマイアー・アムシェル・ロートシルト丁稚として雇った[1]

脚注[編集]

  1. ^ Spingola, Deanna (2011). The Ruling Elite: A Study in Imperialism, Genocide and Emancipation. Trafford. pp. 9–10. ISBN 978-1-4269-5462-7. 

参考資料[編集]

  • Bibliography: L. A. Frankl, Wiener Epitaphien, p. xiv.;
  • Grätz, Gesch. x. 308, 347, 428, 431;
  • Schudt, Jüdische Merckwürdigkeiten, i. 351, 428;
  • J. Wertheimer, Juden in Oesterreich, p. 133;
  • Wolf, Gesch. der Juden in Wien, 1876;
  • Wurzbach, Biograph, Lex. s.v.S. A. Ki.

記事資料[編集]

By : Isidore Singer & Alexander Kisch

外部リンク[編集]