ザ・プレイス 運命の交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・プレイス 運命の交差点
The Place
監督 パオロ・ジェノヴェーゼイタリア語版
脚本
原案 パオロ・ジェノヴェーゼ
原作 クリストファー・カバシク英語版
The Booth 〜欲望を喰う男英語版
製作 マルコ・ベラルディイタリア語版
製作総指揮
  • ノエル・ブライト
  • スティーヴン・A・コーエン
出演者
音楽 マウリツィオ・フィラルドイタリア語版
主題歌 マリアンヌ・ミラージュイタリア語版
The Place
撮影 ファブリッツィオ・ルッキイタリア語版
編集 コンスエロ・カトゥッチイタリア語版
製作会社
配給
公開
上映時間 105分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
興行収入
テンプレートを表示

ザ・プレイス 運命の交差点』(ザプレイスうんめいのこうさてん、The Place)は2017年イタリアサスペンス映画。 監督はパオロ・ジェノヴェーゼイタリア語版、出演はヴァレリオ・マスタンドレアマルコ・ジャリーニイタリア語版など。 アメリカ合衆国で2010年と2012年に放送されたテレビドラマThe Booth 〜欲望を喰う男英語版』のリメイクで、ローマのカフェ「ザ・プレイス」の片隅に居座り続ける謎の男に様々な願いや悩みを持ちかけてくる相談者たちの運命の行方を描いた不条理群像劇である[2]

日本では2018年4月から5月にかけて開催された「イタリア映画祭2018」において『ザ・プレイス』のタイトルで上映された[3]後、2019年4月5日から『ザ・プレイス 運命の交差点』のタイトルで一般公開された。

ストーリー[編集]

ローマのカフェ「ザ・プレイス」に昼も夜も居座り続ける謎の男は、どんな願いも叶えてやる代わりに相談者に課題を命じている。 課題を遂行するか否かは相談者次第であり、強制されてはいないが、願いを叶えるために必死の相談者たちの中には、過酷で常軌を逸した課題を命じられて苦悩し、男を「怪物」と罵る者もいる。

映画では9人の相談者それぞれの願いや欲望、彼らに命じられた課題とその後などが、相談者と謎の男の会話のみで描かれ、その中で相談者同士の関係が徐々に明らかになっていく。その結果、願いを叶えた者もいれば、自らの意思で課題を遂行せずに願いを諦めた者もいる。また、願いが叶えられた否かにかかわらず、幸せになった者もいれば、不幸になった者もいる。

物語の最後で、悪い話を聞くことに疲れた謎の男が、親しくなりつつあったカフェの女性店員に「今の役回りを辞めたい」と漏らしたことで、男の代わりに女性店員が彼の願いを聞いてやると、男はいつもの席に荷物を残して姿を消す。

キャスト[編集]

受賞歴[編集]

部門 対象者 結果
第63回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 監督賞 パオロ・ジェノヴェーゼイタリア語版 ノミネート
主演男優賞 ヴァレリオ・マスタンドレア
助演女優賞 ジュリア・ラッツァリーニイタリア語版
脚色賞 パオロ・ジェノヴェーゼ
イザベル・アギラルイタリア語版
撮影賞 ファブリッツィオ・ルッキイタリア語版
編集賞イタリア語版 コンスエロ・カトゥッチイタリア語版
歌曲賞イタリア語版 マリアンヌ・ミラージュイタリア語版
The Place
ダヴィッド・ジョヴァニ賞イタリア語版 パオロ・ジェノヴェーゼ
第73回ナストロ・ダルジェント賞イタリア語版 製作賞イタリア語版 Lotus Production
メドゥーサ・フィルムイタリア語版
ジャンパオロ・レッタイタリア語版
ノミネート
主演男優賞イタリア語版 ヴァレリオ・マスタンドレア
助演男優賞イタリア語版 ヴィニーチョ・マルキオーニ[注 1]
助演女優賞イタリア語版 サブリナ・フェリッリ
歌曲賞イタリア語版 マリアンヌ・ミラージュ
The Place

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Il contagio』での演技と合わせてのノミネート。

出典[編集]

  1. ^ a b The Place” (英語). Box Office Mojo. 2021年2月21日閲覧。
  2. ^ ザ・プレイス 運命の交差点”. WOWOW. 2021年2月21日閲覧。
  3. ^ 作品情報”. イタリア映画祭2018 公式サイト. 朝日新聞. 2021年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]