ザンデール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザンデール

ダマガラム
旧市街(ビミ)の泥煉瓦の家
旧市街(ビミ)の泥煉瓦の家
マタメ県は橙色
マタメ県は橙色
ザンデールの位置(ニジェール内)
ザンデール
ザンデール
マタメ県は橙色
ザンデールの位置(アフリカ内)
ザンデール
ザンデール
マタメ県は橙色
北緯13度48分19秒 東経8度59分18秒 / 北緯13.80528度 東経8.98833度 / 13.80528; 8.98833座標: 北緯13度48分19秒 東経8度59分18秒 / 北緯13.80528度 東経8.98833度 / 13.80528; 8.98833
ニジェール
ザンデール州
マタメ県英語版
ダマガラム王国の首都 1736年
標高
479m
人口
(2012年)国勢調査
 • 合計 256,000人
等時帯 UTC+1
マタメ県は橙色

ザンデール (フランス語: Zinder) は、ニジェールザンデール州の州都。 ニジェール第2の都市で、2012年の人口は約25.6万人。 ハウサ語ではダマガラム(Damagaram)と呼ばれる。

ニジェールの南部にあり、砂漠ステップの境界にある。 首都ニアメからは東に535マイルのところにある。 18世紀にはダマガラム王国として栄え、20万以上の人口があったと見られる。 残存する旧市街の城壁はその名残である。

1899年にフランス植民地となり、行政中心地となったが、1926年に行政機能はニアメに移動している。 市街はビリニ(ビミ)と呼ばれる旧市街、ザングー地区、新市街地区に分けられ、旧市街にはモスクがある。 町の南西にはザンデール空港が存在する。

2005年に発生した食糧危機では大きな影響を受けた。