ザムエル・ハーネマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザムエル・ハーネマン
Hahnemann Memorial at Scott Circle.jpg
生誕   1755年4月10日
ザクセン選帝侯領マイセン
死没 (1843-07-02) 1843年7月2日(満88歳没)
国籍 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
出身校 フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルク
プロジェクト:人物伝

ザムエル・ハーネマン (Samuel Hahnemann 1755年4月10日 - 1843年7月2日) は、ドイツ医師

生い立ち[編集]

ドイツのザクセン選帝侯領マイセンで誕生した[1] 。父は画家でデザイナーだった。マイセンにある学校に通う、1775年に学校を卒業後、ドイツのライプチヒやオーストリアのウィーンで医学を学ぶ。その後、エアランゲン大学で医学博士号を取得した。

ザクセンのマンスフェルトにあった鉱山地域の村で医師として働く。このころ薬剤師の娘と結婚し、11人の子宝に恵まれる。エルベ川周辺にある町や村を中心に各地を転々とした。1784年ころに医師業を廃業し、著作家として活動した。

1796年にドイツの医学雑誌で最初のホメオパシーに関する論文を発表。1807年に発表した論文で初めてホメオパシーという用語を使用した。1811年にライプツィヒ大学で教鞭をとった。1835年、最終的にパリへ移った。 1843年にパリで没した。ペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。


脚注[編集]

外部リンク[編集]