ザブー・ブライトマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザブーから転送)
移動先: 案内検索
ザブー・ブレトマン
Zabou Breitman
Zabou Breitman
2006年撮影
本名 Isabelle Breitman
別名義 ザブー
La petite Isabelle[1]
生年月日 (1959-10-30) 1959年10月30日(57歳)
出生地 フランスの旗 フランスパリ
職業 女優脚本家映画監督
ジャンル 映画テレビ舞台
活動期間 1980年 -

ザブー・ブレトマン(Zabou Breitman、1959年10月30日 - )はフランス女優映画監督。本名はイザベル・ブレトマン(Isabelle Breitman:発音例)。1999年頃から現在の芸名を用いており、その前はザブー(Zabou)と名乗っていた。英語名のようにザブー・ブライトマンと表記されることもある。

略歴[編集]

パリ出身。祖父はモルドバ系移民の医師リュシアン・ブレトマンフランス語版、父は俳優で脚本家のジャン=クロード・ドレフランス語版(本名はクロード・ブレトマン、ドレは母方の姓)、母は元女優セリーヌ・レジェフランス語版

1964年に両親が出演したテレビ・シリーズ『Thierry la Fronde』の1エピソードに少女役で登場し、その際は La petite Isabelle(イザベルちゃんの意)とクレジットされた[1]

1980年ドロテ主演のシャン・ド・マルス公園でのクリスマス興行『Dorothée au pays des chansons』に配役され、本格デビュー。その際、ザブーと名乗る。翌年はオランピア劇場公演に続いて、国内順延する。その後は彼女のTV番組にも出演。

1982年公開の『Elle voit des nains partout !』のヒロイン、白雪姫役で映画デビュー。以来、『ラ・ブーム2』、『ゴールド・パピヨン』に出演してコメディエンヌぶりを発揮。『Billy Ze Kick』(1985年)で評判となり、セザール賞有望若手女優賞にノミネート。

1987年、ロジェ・プランション演出でモリエール作『ジョルジュ・ダンダン』にアンジェリーク役で出演し、ヴィルールバンヌ国立劇場にデビュー。国内巡演後、その映画版『Dandin』(1989年)にも出演。

1991年よりアニエス・ジャウイジャン=ピエール・バクリ作・共演『Cuisine & Dépendances』に主演し、これが大評判となり、ロングラン(モリエール賞作品賞他4部門受賞)。その映画化『キッチンでの出来事フランス語版』(1992年)にも出演したが、舞台の合間に出演したコリーヌ・セローの『女と男の危機』の演技でセザール賞助演女優賞候補となった。

その後も、ジャック・ウェベール演出『タルチュフ』(1994)、ミシェル・ブラン脚色も話題となったアラン・エイクボーン作『あなたに会えてよかった~Communicating Doors~』(1994)といった喜劇や、アリエル・ドーフマン作『死と乙女』(1997)、デイヴィッド・ヘア作『スカイライト』(1998)とシリアスな作品にも挑戦。2014年にはヤスミナ・レザ作『Comment vous racontez la partie』仏初演を主演した。

2001年からは監督も手掛け、初監督作品である『記憶の森フランス語版』でセザール賞最優秀長編第一回作品賞フランス語版を受賞している。

2004年1月にアトリエ座で初演された、イザベル・カレ主演、ロラン・トポール作『L'Hiver sous la table』で舞台演出家としても活動を開始。2013年にはコメディ・フランセーズの依頼でジョルジュ・フェドー作『システム・ラバディエ』(ヴィユ・コロンビエ劇場上演)を演出。2014年はパリ・オペラ座新演出によるモーツァルト作曲『後宮からの誘拐』でオペラ演出家デビューした。

彫刻家ファビアン・シャロンフランス語版と暮らし、娘アンナ・シャロン(1990年生)と息子アントナン・シャロン(1993年生)をもうけている。なお、二人は『記憶の森』に出演して以来、俳優としても活動している。

主な出演作品[編集]

主な監督作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Zabou Breitman” (英語). IMDb. 2013年7月18日閲覧。
  2. ^ 『記憶の森』ザブー・ブライトマン監督&ベルナール・カンパンさんインタビュー@第10回フランス映画祭横浜2002”. CINEMA TOPICS (2002年6月22日). 2013年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]