サーチエンジンマーケティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サーチエンジンマーケティング: Search Engine Marketing, SEM)は、検索エンジンから自社Webサイトへの訪問者を増やす検索連動型広告によるマーケティング手法のこと。 これとは別に検索エンジンへの上位表示に向けた取り組み全般を"SEO"といい、SEO・SEMマーケティングとしてひとくくりで取り扱われることもある。

概要[編集]

インターネットの検索エンジン使用時に、キーワード入力後、検索結果とともに表示される広告媒体の総称であり、この手法を用いた広告活動全般について総称。

背景[編集]

インターネット黎明の検索エンジン登場、インターネットでのり刻々媒体として、訪問数の多いサイトに期間やPV、クリック数で掲載単価を決定する方法が一般的だった。 現在でもこれらは用いられているが、一層の費用対効果の効率化かから、googleにより、「検索キーワードに連動した、同時表示広告」が開始された。 これらの、キーワード連動型の広告は、検索エンジンの検索結果ページから自社サイトを訪れる人はその分野に関心を持っている可能性が高いため、経験則として優良な見込み客であることが期待でき、最小出稿単位が、1キーワードかつ、数円から開始できるなど、従来にない少額での利用が可能となった。これにより元来は一定規模の企業などしか行うことができなかったインターネット広告について、一層の低価格化、普及を促進することとなった。

しくみ[編集]

提供企業[編集]

google
yahoo