サーコン・ヤンキアウソット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

サーコン・ヤンキアウソットสาคร ยังเขียวสด1922年-2007年5月21日)は、タイの人形遣い。小人形劇(フン・ラコーン・レック:หุ่นละครเล็ก)の演者として知られる。ニックネームはジョー・ルイ(โจหลุยส์: Joe Louis)。1985年にジョー・ルイ・パペット・シアター(โจหลุยส์เธียเตอร์:Joe Louis Puppet Theatre)を創設。1996年に芸能部門で国家芸術家に選出されている。

経歴[編集]

1922年、サーコンはタイ仮面劇(コーン:โขน)の演者であった父クイ・ヤンキアウソットと母チュアムの子としてノンタブリー県で生まれる。当時のニックネームをリウ(หลิว)といった。劇団に参加できる年齢になると、宮廷風刺劇(リケー)にコメディアンとして出演し、同時に人形劇を習った。サーコンは大人形劇(フン・ラコーン・ルワン:หุ่นละครหลวง)を改良し、小人形劇(フン・ラコーン・レック)を再興した。小人形劇は大人形劇に比べて繊細な動作を行うことができないが、演技がより自由に、かついきいきと行うことができるという特徴を持っている。サコーンの人形劇団は第二次世界大戦ごろから好評となり、その頃からニックネームをジョー・ルイに変えた。この名はもともとのタイのニックネームであった「リウ」を呼び間違えられたことと、また同名のアメリカのボクシング重量級チャンピオンに敬意を表して名づけた。1985年にはジョー・ルイ・パペット・シアターを自分の子供たちと一緒に設立し、ラーマキエンなどのタイの叙事詩を題材にした公演を行った。

人形は軟質材、紙張子、布でつくり、タイの古式音楽(ピーパート:ปี่พาทย์)とともに上演する。

2007年、肺水腫、腎不全によりバンコク都内のカセムラート病院で死去した。葬儀はノンタブリー県、バーンブアトーンのワット・バーンパイで執り行われた。

ジョー・ルイ・パペット・シアター[編集]

バンコク都内スワン・ルム・ナイトバザールのジョー・ルイ・パペット・シアター

ジョー・ルイ・パペット・シアターは、2001年からバンコクのスワン・ルム・ナイトバザールで人形劇を上演している。2004年、劇団は財政不振に陥ったが、公に支援を求めて持ち直した。2006年6月には、劇団を継承した第7子のスリン・ヤンキアウソット(สุรินทร์ ยังเขียวสด)が チェコプラハで開かれた第10回世界人形芸術祭において『最優秀伝統芸術賞』を受賞した。2007年、サーコンの死去の際にも劇団の存続が危ぶまれたが、サーコンの子供たちが新劇団を組織し、9月にはバンコク都内ソイ・ランナムにあるキングパワーコンプレックスのアクサラ・グランド・シアター(578席)で公演を行った。