サン・ミゲル・ダス・ミソンイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ruinas-saomiguel6.jpg

サン・ミゲル・ダス・ミソンイス (São Miguel das Missões) は、ブラジルリオグランデ・ド・スル州北西部の小さな町サン・ミゲル・ダス・ミソンイス市にある、イエズス会伝道所跡。1983年に「サン・ミゲル・ダス・ミソンイス遺跡」の名で、ユネスコ世界遺産に登録された(翌年に世界遺産「グアラニーのイエズス会伝道所群」に組み込まれた)。

南米に多くあるイエズス会伝道所の一つである。イエズス会は、グアラニー族キリスト教化することや、彼らをスペインやポルトガルの奴隷商人たちから保護する目的で、1735年から1745年にこの伝道所を建設した。しかし、イエズス会の努力にもかかわらず、奴隷商人は跋扈し、1767年にカルロス3世が出したアメリカ大陸からのイエズス会退去令の後には、伝道所は廃れてしまった。

影響[編集]

関連項目[編集]

座標: 南緯28度32分57秒 西経54度33分21秒 / 南緯28.549078度 西経54.555889度 / -28.549078; -54.555889