サンソン・フランソワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンソン・フランソワSamson François, 1924年5月18日フランクフルト・アム・マイン - 1970年10月22日パリ)は、第二次世界大戦後のフランスにおける代表的なピアニストの一人である。主に、ショパンドビュッシーラヴェルの演奏を得意とした。

生涯[編集]

フランス人の両親の間にドイツで生まれる。5歳でピアノを始め、早くから天才といわれた。1934年、一家でニースに戻った時、アルフレッド・コルトーに見出されて1936年エコールノルマル音楽院に入学、1938年にはパリ音楽院に入学後はマルグリット・ロンイヴォンヌ・ルフェビュールに師事。ロンの最後の生徒の一人であったが、彼の態度はいたずらっ子のような様相を呈していて従順ではなかったため、ロンも手を焼いたという。その後1940年に音楽院を首席で卒業した。

1943年に第1回のロン=ティボー国際コンクールで優勝した。その後1947年アメリカデビューを飾り、その後も各地で演奏活動を行う。

ドビュッシーのピアノ作品全集を完了する直前、心臓発作のため急逝した。46歳の若さだった。亡くなった日(以後)も、レコーディングの予定が組まれていた。

フランソワの演奏は他の演奏家とは一線を画す独特なもので、非常に個性的であるため、ピアノを演奏をする人の範とはなり難い。それでも、フランソワの演奏は文化的価値の高いものであるため、没後も何度も版を重ねてCDが発売されている。作曲家としての才能もあると自認していたのか、自作の作品である、ピアノ独奏作品「黒ミサ」やピアノ協奏曲を残しており、ピアノ協奏曲には録音もある。

人物[編集]

デビュー直後は好きと決めた作品なら徹底的に勉強した。「ベートーヴェンは生理的に嫌で受け付けない。モーツァルトなら受け入れてやっても良い」などの発言も残っている。フランソワの特徴は、ムラ気なことであった。気分が乗らないときの演奏は、呂律が回らないほどであり、気分の良し悪しによる演奏の出来栄えの差が大きかった。また、性格的にも非常に古い芸術家タイプの人間であったので、現代社会において異彩を放つ人でもあった(事実、彼を19世紀のピアニストの生き残り、と評する人もいる)。フランス人でありながらドイツで生まれ育った点はヴァルター・ギーゼキングのちょうど逆だが、生涯フランス音楽を得意にしたギーゼキングに対しドイツ音楽には熱心ではなかった。

フランソワは、酒を愛した人であった。3回の来日歴があるが、来日するたびに酔漢の風貌へ変わっていったと言われる。

また、タバコも愛し、「酒はやめるがタバコはやめられない」と妻に語ったことがあり、健康を害していても愛するクラヴァンというタバコを嗜み続けた。