サロベツ断層帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サロベツ断層帯(サロベツだんそうたい)は、北海道宗谷地方留萌地方に存在する断層帯である。名称はサロベツ原野からによる。

断層の位置・形状[編集]

サロベツ断層帯の陸域部は、宗谷丘陵西縁の海岸線に平行するように分布しており、北海道天塩郡豊富町から同郡幌延町を経て、同郡天塩町に至る断層帯となっている。全長は約44kmで、概ね北北西-南南東方向に延びている。本断層帯は、東傾斜の逆断層と推定されており、沿岸では本断層帯の活動に伴う海岸段丘が発達している。地下浅部では断層面の傾斜は低角と推定されているが、深部の傾斜などは不明である。断層面上端は深さ2-7kmで、地表には達していないと推定されている。また、断層面の下端深度は、この地域の地震発生層の下限を目安とすると25km程度と推定される。しかし、地下深部における断層面の傾斜が明らかでないため、断層面の幅は不明である[1]

サロベツ断層帯の海域部は、宗谷丘陵の海域延長部である宗谷隆起帯の西縁に分布しており、陸域部北端から礼文トラフ東縁北端(北緯45度40分)付近までの全長約53km以上、概ね北北西-南南東方向に延びる断層帯となっている。陸域部と同様、東傾斜の逆断層と推定されている[2]

断層の活動[編集]

陸域部においては5,100-4,500年前の間に活動が見られ、この活動が最新のものである可能性がある。また、この活動際3-4m程度上下の変位が生じたと推定されている。この活動に先立って、6,000-5,000年前にも活動が見られる。この断層の活動間隔は4-8千年程度である可能性があり、上下の平均変位速度[注 1]は0.7m以上/千年の可能性がある[1]。陸域部は全体が一つの区間として活動する可能性があり、その場合の地震の規模はMj7.6程度となる可能性がある。この活動の際、天塩郡などで最大震度7程度の揺れが発生する可能性がある。

海域部における最新活動時期は5千年前以降であり、この一つ前の活動が約8千年前であった可能性がある。また、この際3-4.5m程度の上下変位が生じたと推定されている。この断層の活動間隔は3-4千年程度である可能性があり、上下の平均変位速度は0.7-0.8m/千年及び1.2m/千年の可能性がある。海域部は全体が一つの区間として活動する可能性がある[2][3]

国土交通省(2014年)ではサロベツ断層帯の想定として、上記陸域部と海域部、更に海域部北端から1971年サハリン西方沖地震の震源域南端まで延長し、全長162km・Mw7.9の地震とそれに伴う津波を設定している。

断層帯周辺の主な地震活動[編集]

日時は日本標準時に基づく

  • 1874年2月28日 - 留萌地方中北部付近 Mj6.4[4]
  • 1932年2月1日 - 留萌地方中北部 Mj5.6 最大震度3[5]
  • 2013年11月25日 - 宗谷海峡 Mj5.2 最大震度3[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 断層面の平均変位速度ではない。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]