サミュエル・パーマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サミュエル・パーマー
Samuel Palmer
Samuel Palmer - Self-Portrait - WGA16951.jpg
生誕 1805年7月27日
イギリスの旗 イギリスロンドン
死没 (1881-05-24) 1881年5月24日(75歳没)
著名な実績 風景画、肖像画
運動・動向 イギリス・ロマン主義

サミュエル・パーマー(Samuel Palmer、1805年7月27日-1881年5月24日)は、英国の風景画家で、肖像画家。イギリス・ロマン主義の画家とされる。

略歴[編集]

ロンドンの本屋の息子に生まれた。14歳になった頃には水彩画を、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの展覧会に出展した。パブリックスクールのマーチャント・テイラーズ・スクールで美術の授業を受けたと思われるが、本格的な美術学校で学んだことはなかった。画家のジョン・リネル(John Linnell:1792–1882)と知り合い、ドイツのルネサンス期の画家アルブレヒト・デューラーの作品を研究した。

1824年にリネルを通して、詩人で画家でもあったウィリアム・ブレイク(1757-1827)と会い、強い影響を受け、宗教的なテーマで幻想的な雰囲気の風景画を描くようになった。

1843年に王立水彩画協会(Royal Watercolour Society)の準会員、1854年に正会員となった。1853年にはイギリス・エッチング・クラブ(English Etching Club)の会員に選ばれ、版画にも取り組んだが作品数は多くない。

作品[編集]

外部リンク[編集]