サミュエル・クロンプトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サミュエル・クロンプトン

サミュエル・クロンプトン(Samuel Crompton、1753年12月3日 - 1827年6月26日)は、イギリス発明家紡績工。

概略[編集]

ランカシャー(現グレーター・マンチェスター)のボルトン出身で、1779年ミュール紡績機を発明した[1]。ミュール(mule)とはラバ(馬とロバの雑種)の意味である。

ジェームズ・ハーグリーブスの発明したジェニー紡績機リチャード・アークライトの開発した水力紡績機の両方の長所を取り入れて、細い良質糸の大量生産を可能にした[1]。これにより、インド産に匹敵する品質の綿織物が生産されるようになった[1]

しかし、彼はこの発明については他人の発明の改良に過ぎないと謙遜し、1780年に特許を得ることなく公開し、最後まで申請することなく没した[1][注釈 1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ したがってクロンプトン自身、この発明によってほとんど得るところがなく、1812年にイギリスの国会によって5000ポンドの一時金を与えられたのみであった[1]。彼は経営の才能に恵まれなかったため、自身の事業は成功しなかった[1]

出典[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]