サバイビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BIRC5
Protein BIRC5 PDB 1e31.png
PDBに登録されている構造
PDB オルソログ検索: PDBe RCSB
識別記号
記号 BIRC5, API4, EPR-1, baculoviral IAP repeat containing 5
外部ID OMIM: 603352 MGI: 1203517 HomoloGene: 37450 GeneCards: 332
遺伝的関連疾患
疾患名 出典
歯周病
RNA発現パターン
PBB GE BIRC5 202094 at tn.png

PBB GE BIRC5 202095 s at tn.png

PBB GE BIRC5 210334 x at tn.png
その他参照発現データ
オルソログ
ヒト マウス
Entrez
Ensembl
UniProt
RefSeq
(mRNA)

NM_001012270
NM_001012271
NM_001168

NM_001012272
NM_001012273
NM_009689

RefSeq
(タンパク質)

NP_001012270.1
NP_001012271.1
NP_001159.2

NP_001012273.1
NP_033819.1

場所 (UCSC) Chr 17: 78.21 – 78.23 Mb Chr 11: 117.85 – 117.86 Mb
PubMed検索 [1] [2]
ウィキデータ
閲覧/編集 ヒト 閲覧/編集 マウス

サバイビン (survivin) は、inhibition of apoptosis (IAP) familyに属するヒト遺伝子である。

サバイビンタンパクは、カスパーゼの活性化を阻害しアポトーシスを抑制する。サバイビンは細胞で高度に発現しているのに対し、完全に分化した細胞ではほぼ発現が見られない。癌細胞において、サバイビンの機能を破壊すると増殖が止まりアポトーシスが誘導されることから、サバイビンは癌治療において格好のターゲットである。サバイビンは、細胞周期においても高度に制御され、G2/M期でのみ発現する。

脚注[編集]

外部リンク[編集]