サスカチュワン川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サスカチュワン川
サスカチュワン川 2004年9月28日撮影
水系 ネルソン川
延長 547 km
平均の流量 700 m³/s
流域面積 335,900 km²
水源 ノースサスカチュワン川
サウスサスカチュワン川合流点
水源の標高 380 m
河口・合流先 ウィニペグ湖
流域 カナダ
テンプレートを表示
サスカチュワン川流域

サスカチュワン川(Saskatchewan River)とは、北アメリカ大陸の北部に存在する、河川の1つである。

概要[編集]

サスカチュワン川は、カナダサスカチュワン州に存在するノースサスカチュワン川サウスサスカチュワン川との合流点から始まる。ここからマニトバ州へと流れ、最終的にウィニペグ湖へ注ぐ、全長約550kmの河川である。サスカチュワン川の流域はカナダ中央部の草原地帯であるプレーリーの大部分を含む。

ちなみに、サウスサスカチュワン川の支流の1つボウ川の源流からの見た場合の長さは1930kmである。また、カナダのアルバータ州にはサスカチュワン氷河という氷河が存在するが、この氷河はノースサスカチュワン川の源流である。

流路[編集]

サスカチュワン州の中央、プリンス・アルバートの東約40kmでノースサスカチュワン川とサウスサスカチュワン川が合流しサスカチュワン川となる。東北東に流れSquaw RapidsダムによりつくられるTobin湖へ注ぐ。それから北東へ転じ湿地帯を流れ、Torch川とMossy川を合わせる。湿地帯の北端から東に流れ幾つかの小さなの間を縫いザパスへ至り、南西からCarrot川を合わせる。ザパスの南東でデルタを形成しシーダー湖の北西へ注ぐ。湖から流れ出た後はおよそ5 km流れ、最終的にウィニペグ湖の南西に注ぐ所までがサスカチュワン川である。

支流[編集]

下流より記載