サク融

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「笮融」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
笮融
後漢
下邳国相
出生 不詳
揚州丹楊郡
死去 建安2年(197年
ピン音 Ze Rong
主君 陶謙劉繇

笮 融(さく ゆう、? - 197年)は、中国後漢時代末期の武将。揚州丹陽郡の人。

正史の事跡[編集]

仏教の振興と広陵の略奪[編集]

はじめ徐州陶謙に仕え、広陵彭城で兵糧輸送などの監督官を務めていた。しかし、やがて兵糧などの物資を奪って自立するようになる。この頃の笮融は、領内に壮麗な楼閣を備え、3,000人もの人々を収容できるような大寺院を建立した。また、毎年の仏誕節である4月8日には、盛大な法会を執り行ない、寺に至る者は5,000人に達したとされる。後の中国大陸における仏教が広まる基礎を作り出した布教者であり、中国の仏教にとっては功労者であると言える一面もある。

興平元年(194年)に、陶謙が曹操に攻められて徐州が混乱すると、下邳国の相となっていた笮融は、彭城国の相であった薛礼と共に、揚州刺史劉繇を盟主として仰ぐようになった。また、ほぼ時を同じくして、混乱を避けるために広陵太守趙昱を頼った。趙昱が笮融を賓客として持て成したが、笮融は広陵が豊かな土地であると見ると、趙昱を謀殺して、広陵で略奪の限りを尽くしている。

孫策との戦い、裏切りの果ての最期[編集]

その後、笮融は薛礼が守る秣陵城(後のの都、建業)の南に駐屯した。劉繇が孫策に攻められると、笮融は薛礼と共に劉繇を支援して戦い、一進一退の攻防の中で、孫策に矢傷を負わせている。しかし笮融が、孫策が死んだとの偽情報を信じて策にはまり大敗すると、劉繇陣営全体も敗北を喫した。

笮融は劉繇に従って逃亡し、彭沢に駐屯した。笮融は劉繇の命令を受けて、諸葛玄と豫章太守の座を争っていた朱皓(朱儁の子)を救援し、建安2年(197年)正月に諸葛玄を戦死させた。ところが笮融は自立の野心を抱き、朱皓や盟友の薛礼までをも殺し、豫章の支配権を奪い取った。その後、攻め込んできた劉繇と激戦を繰り広げたが、ついに敗北して逃走し、最後は付近の住民に捕らえられ殺されてしまった。

物語中の笮融[編集]

小説『三国志演義』では、笮融は劉繇の部将の一人となっており、史実の暴虐非道振りは全く影を潜めている。それどころか、孫策との戦いで敗走したために、劉繇に処刑されそうになった僚友の張英を弁護したりしている。しかしついには、孫策に敗北した劉繇とともに、劉表を頼って落ち延びている。その後は登場しない。

別説[編集]

笮融は徐州の陶謙の下で糧運を任されていた。その時、共に糧運を任されていた人々が、仏教信者ということで信頼しあっていることを知り、その集団を手に入れるために造寺・造像を行ない、自らも仏教徒になった。そして、糧運で任されている物資をすべて自分のものにし、仏教徒を率い落ち延びていった。その後、自分を厚くもてなしてくれた広陵の趙昱を宴席で殺し、その軍勢を奪って、殺生を嫌う配下の仏教徒に「趙昱が私を殺そうとしたから殺した」と説明した。その後は劉繇に仕えたが、共に仕えていた薛礼をも殺して、その軍勢を奪い取った。この時も、配下の仏教徒に「私を殺そうとした」という理由で納得させた。劉繇のもとにいた許劭は、笮融を警戒するようにと劉繇に進言した。その頃、豫章には劉表から太守に任命されていた諸葛玄が入り、同時に朝廷から任命された朱皓も入ることになっていた。朱皓が劉繇に救援を求めると、許劭の勧めで劉繇は救援を派遣した。それを聞いた諸葛玄が西城に撤退したため、朱皓は豫章城に入城することができた。その後、笮融も豫章城に入城したが、自分を厚くもてなしてくれた朱皓を殺し、またしてもその軍勢を奪った。配下の仏教徒には自分を殺そうとしたと弁明したが、許劭の問者が笮融配下の仏教徒に流言を流したため、部下の信頼が揺らいでしまった。そのため思い切って恐怖政策を取ることにし、諸葛玄と会ったことのある信者の徐習を通敵として殺した。その後、劉繇の攻撃を受け敗れて撤退し、西城に逃げ諸葛玄を殺してその軍勢を奪おうとしたが、諸葛玄に逃げられ、また西城を占拠した後に、不信感を持った配下の者たちに殺されてしまった。笮融の率いていた仏教集団は諸葛玄に投降した。その後、諸葛玄が劉繇と戦って敗れた時、諸葛玄を荊州まで仏教集団を率いて護送したのが、殺された徐習の弟である徐季であったという。

参考文献[編集]