サクラ (ソフトウェア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サクラ
作者 クジラ飛行机
初版 ver.0.70β/1999年11月5日
最新版 ver.2.379 / 2017年12月11日
対応OS Microsoft Windows 98/Me/2000/XP/Vista/7/macOS/Linux
対応言語 日本語
公式サイト https://sakuramml.com
テンプレートを表示

サクラは、テキストから作曲や演奏ができるDTMソフトウェアである。動作するOSは、Microsoft Windows 98/Me/2000/XP/Vista/7/macOS/Linux[1]。開発者はクジラ飛行机(くじらひこうつくえ)で、プログラムのソースコードは公開されている。

公式サイトでは、サクラで制作されたユーザーの曲が多数公開されており、サポートサイトも充実している。

また、MIDIファイルへのコンパイルは、「dSakura.dll」というDLLを使用しており、このDLLを利用してソフトウェアを開発することもできる。

2012年8月21日時点での最新バージョンは、エディタがVer.2.375(2010/5/31更新)、DLLがver. 2.374(2010/2/09更新)[2]

特徴[編集]

サクラでは、MMLや、独自のストトン表記と呼ばれる記述方法を用いて音楽を作曲することができる。

「cdefgab」のようなアルファベットを用いてメロディを入力するMMLに対して、ストトン表記は、「ドレミファソラシ」と、日本語でメロディを入力することができる。様々なパラメータも日本語に対応しているので、音楽やMIDIなどの高度な知識を持たなくても、本格的な打ち込みを楽しむことができる。

さらに、エクスクルシーブ(音源独自の命令のこと)を送信してシンセサイザーを操作したり、マクロによる制御を用いることで、よりマニアックな打ち込みも可能で、上級者でも十分満足することができるであろう。

コード例[編集]

「蛙の歌」のコード例を以下に示す。

ストトン表記[編集]

トラック1
音色(GrandPiano)
音階5 音符4

ドレミファミレドー
ミファソラソファミー
ドードードードー
音符8
ドドレレミミファファ
音符4
ミレドー

MML表記[編集]

Track(1)
Voice(GrandPiano)
o5 l4

cdefedc^
efgagfe^
c^c^c^c^
l8 ccddeeff l4 edc^

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ https://sakuramml.com/index.php?ダウンロード 2018.6.281閲覧。
  2. ^ http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/sequencer/sakura.html 2012.8.21 閲覧(エディタのみ)。当該ソフトの“バージョン情報”からも確認が可能。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]