ゴンペルツ関数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴンペルツ関数(ごんぺるつかんすう、英語: Gompertz function)とは、19世紀にベンジャミン・ゴンペルツ英語版が考案した死亡率に関する関数であり、成人後では死亡率が年齢の指数関数になることを表す。横軸に年齢、縦軸に死亡率の対数を取る(片対数グラフ)と、直線関係で表される。

\log m(t) = A_0 G_t + \log M_0

ここで、

  • m (t ) ;年齢t での死亡率
  • A0 ;傾き
  • Gt ;年齢
  • M0 ;初期死亡率 (0歳の仮想死亡率)

である。

関連項目[編集]