コーパス・クリスティ・カレッジ (オックスフォード大学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コーパス・クリスティ・カレッジ
UK-2014-Oxford-Corpus Christi College 02.jpg
         
カレッジ名 The President and Scholars of the College of Corpus Christi in the University of Oxford
名の由来 キリストの身体であるコーパス・クリスティ
創設 1517年
姉妹カレッジ コーパス・クリスティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)英語版
学長 リチャード・カーワーディン英語版
学部生 248人[1] (2011/2012)
院生 126人
所在地 マートン・ストリート英語版

コーパス・クリスティ・カレッジ (オックスフォード大学)の位置(オックスフォード中心部内)
コーパス・クリスティ・カレッジ (オックスフォード大学)

オックスフォード中心部におけるコーパス・クリスティ・カレッジの位置座標: 北緯51度45分03秒 西経1度15分13秒 / 北緯51.750909度 西経1.253702度 / 51.750909; -1.253702

College Homepage
College Boat Club
Corpus-Christi College Oxford Coat Of Arms.svg
紋章解説 こちらを参照

コーパス・クリスティ・カレッジ (英語: Corpus Christi College、正式名称:The President and Scholars of the College of Corpus Christi in the University of Oxford)は、イギリスオックスフォード大学を構成するカレッジの一つ。1517年に設立され、オックスフォードで12番目に古い大学である。

歴史[編集]

1517年に、ウィンチェスターキリスト教聖職者であるリチャード・フォックス英語版により設立された[2]。大学創設と同時に建設された図書館は、当時、ヨーロッパで最大かつ最良であったとされている[2]。1519年に、デジデリウス・エラスムスが、初代学長のジョン・クレモンド英語版に宛てた手紙の中で、図書館を賞賛しているという事実がある[注 1]。1520年代には、スペインの人文学者であるフアン・ルイス・ビベスが、カレッジで教鞭をとっており、その間、のちの女王となるメアリー1世の家庭教師をしていた。

第7代の学長は、カレッジの学友であったレジナルド・ポールらとともに、1611年に出版された欽定訳聖書の翻訳に携わった。

19世紀に行われたオックスフォード運動指導者である、ジョン・キーブル英語版は、カレッジの学部生であり、オリオル・カレッジのフェローでもあった。のちに、キーブルの名をとり、キーブル・カレッジが設立された。

紋章[編集]

左側には自らの胸の血を流すペリカン、中央には銀色の背景にウィンチェスター主教区の紋章に由来する剣と鍵、右側にはフクロウが配置されている。

校名の「コーパス・クリスティ (corpus christi)」とは、「キリストの身体 (the body of Christ)」を表している。中世ヨーロッパのキリスト教においては、ペリカンは、餌が入手出来なかったときに親自身の胸を傷つけ、自らの血を雛に与えたことから、聖餐で杯をとり「これがわたしの血である」と述べたキリストと同様に、神の使者として崇拝の対象であった。ペリカンはカレッジを表すシンボルであり、校舎にあるペリカン日時計の屋根にはペリカン像が置かれ、校旗や紋付きネクタイにもペリカンが描かれている。

卒業生[編集]

フェロー[編集]

ギャラリー[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「it was a library 'inter praecipua decora Britanniae' ('among the chief beauties of Britain'), and praised the fact that it was a 'biblioteca trilinguis' (trilingual library) containing」と記されている

脚注[編集]

  1. ^ "Undergraduate numbers by college 2011–12". University of Oxford. 
  2. ^ a b College Histories: Corpus Christi, Thomas Fowler

外部リンク[編集]