コンプレックス商法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンプレックス商法(コンプレックスしょうほう)とは、消費者劣等感や危機感を煽りコンプレックスを抱かせる事により、高額な機器や美容整形手術、薬品などの購入・契約をさせる悪徳商法。身長、体型、ニキビ跡などの肌の状態、顔の造作など、頭髪、性的魅力などで世間一般の人々と比較した際に劣っている部分に関して、コンプレックスを意識させることで勧誘を行う。コンプレックスと関係するために契約者にとっては口外しづらく、潜在的な被害者が数多く存在すると考えられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]