ダイエット商法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダイエット商法(ダイエットしょうほう)とは服用するだけで減量できることを標榜して医薬部外品などを販売する商法広告には使用者による「○キロ痩せた」などといった数字として表れる程の効果が得られたと商品を賞賛している体験談や、専門家や科学者などによる実証や解説が掲載されているのが特徴。 服用した場合、ダイエットどころか健康の悪化に繋がるケースも存在しており[1]、中国製のダイエット食品による死亡事故も起こっている[2]。自治体のサイトで注意を呼び掛けている例もある[3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中国製ダイエット用健康食品等関連情報”. 厚生労働省. 2011年2月17日閲覧。
  2. ^ 平成20年9月号「健康食品による健康被害」”. 社団法人 神田医師会. 2011年2月17日閲覧。
  3. ^ くらしのインフォメーション ダイエット商法”. 長岡京市役所. 2011年2月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「特集 ダイエット商法の罠」『消費者情報』384号、関西消費者協会、2007年、7-17頁。
  • 「特集3 『ひっかけ商法』のカラクリ、教えます」『THE21』221号、PHP研究所2003年、81-90頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]