コンコーダンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンコーダンス(Concordance)とは、英国1993年ごろから発展してきた服薬薬物治療に対する考え方。英国保健省と英国王立薬剤師会が共同で設置した Medicines Pharnership Group にて、服薬コンプライアンスの向上のために検討された。その際の定義は「服薬に関し患者の考えを尊重する話し合いの後に患者と医療者が到達する合意」。Marinker M. (1997) は「パートナーシップに基づき、患者と医療従事者間で疾患や治療について情報を共有した上で話し合い治療を決定し、そこには専門家としての患者の知識および意見が十分に考慮される」と説明した。

服薬コンプライアンス服薬アドヒアランスとは別の概念。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]