コレット (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コレット
Colette
監督 ウォッシュ・ウェストモアランド英語版
脚本
原案 リチャード・グラツァー
製作
製作総指揮
  • スヴェトラーナ・メトキナ
  • ノーマン・メリー
出演者
音楽 トーマス・アデス
撮影 ジャイルズ・ナットジェンズ英語版
編集 ルチア・ズケッティ英語版
製作会社
配給 アメリカ合衆国の旗 ブリーカー・ストリート英語版/30ウェスト
イギリスの旗 ライオンズゲート英語版
日本の旗 東北新社/STAR CHANNEL MOVIES
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年1月20日 (サンダンス英語版)
アメリカ合衆国の旗 2018年9月21日
イギリスの旗 2019年1月11日
日本の旗 2019年5月17日
上映時間 111分
製作国
言語 英語
興行収入 $14,572,213[1]
テンプレートを表示

コレット』(Colette)は、ウォッシュ・ウェストモアランド英語版監督による2018年の伝記・ドラマ映画である。フランス人小説家のコレットの生涯を基にウェストモアランド、レベッカ・レンキェヴィチ英語版リチャード・グラツァー英語版が脚本を執筆し、キーラ・ナイトレイドミニク・ウェストエレノア・トムリンソンデニース・ゴフ英語版らが出演した。

ワールド・プレミアは2018年1月20日にサンダンス映画祭で行われた。アメリカ合衆国は2018年9月21日にブリーカー・ストリート英語版と30ウェスト配給で封切だれた。イギリスではロンドン映画祭でプレミア上映された後[2]、2019年1月11日にライオンズゲート英語版配給により公開された。

プロット[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[3]

製作[編集]

2016年2月1日、『コレット』が『アリスのままで』(2014年)のウォッシュ・ウェストモアランドにより監督され、また彼とその夫のリチャード・グラツァーと共同で脚本を執筆することが初めて発表された[4]。この映画は『キャロル』のナンバー9・フィルムズ英語版キラー・フィルムズが再結集して製作した[5]。また同日に『Deadline』はキーラ・ナイトレイがコレットを演じると報じた[4]。2017年5月15日、ドミニク・ウェストがコレットの最初の夫役にキャスティングされたことが報じられた。この役には他にクリス・プラットジョシュ・ヘンダーソン英語版サリバン・ステイプルトンが考慮されていた[6]。2017年5月23日、デニース・ゴフ英語版フィオナ・ショウロバート・パフレベッカ・ルート英語版の追加が報じられた[7]。2017年6月21日、さらにエレノア・トムリンソンアイーシャ・ハート英語版が加わったことが報じられた[8]

2017年5月26日、オックスフォードシャーのコッゲス・ファームで撮影をするスタッフが報じられた[9]。同日夜、ハンガリーのブダペストの街でナイトレイが目撃された[10]

公開[編集]

2018年1月20日、サンダンス映画祭でワールド・プレミアが行われた[11]ブリーカー・ストリート英語版と30ウェストが米国、ライオンズゲート英語版が英国での配給権を獲得した[12][13]。米国では2018年9月21日に一部劇場で封切られた後、10月21日より拡大公開された[14][15]。英国では2019年1月11日に封切られた[16]

評価[編集]

興行収入[編集]

アメリカ合衆国及びカナダでの興行収入は約510万ドル、その他地域では約940万ドル、世界では約1450万ドルに達している[1]

批評家の反応[編集]

レビュー・アグリゲーター英語版Rotten Tomatoesでは187件のレビューで支持率は87%、平均点は7.2/10となっている[17]Metacriticでは40件のレビューで加重平均値は74/100となった[18]

受賞とノミネート[編集]

授賞式 部門 候補 結果 参照
英国インディペンデント映画賞 2018年12月2日英語版 助演男優賞 ドミニク・ウェスト ノミネート [19][20]
衣裳デザイン賞 アンドレア・フレッシュ ノミネート
メイクアップ&ヘア・デザイン賞 イヴァナ・プリモラック ノミネート
プロダクションデザイン賞 マイケル・カーリン ノミネート
ドリアン賞英語版 2019年1月12日 過小評価映画賞 『コレット』 ノミネート [21][22]
ハリウッド・ミュージック・イン・メディア賞英語版 2018年11月14日英語版 作曲賞 (インディペンデント映画) トーマス・アデス 受賞 [23]
インディペンデント・スピリット賞 2019年2月23日 脚本賞 リチャード・グラツァー英語版
レベッカ・レンキェヴィチ英語版
ウォッシュ・ウェストモアランド英語版
ノミネート [24]
サテライト賞 2019年2月22日英語版 作曲賞 トーマス・アデス ノミネート [25]
[26]
衣裳デザイン賞 アンドレア・フレッシュ ノミネート
シアトル映画批評家協会賞英語版 2018年12月17日 衣裳デザイン賞 アンドレア・フレッシュ ノミネート [27][28]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Colette”. The Numbers. Nash Information Services (2018年). 2019年5月26日閲覧。
  2. ^ Orlova-Alvarez, Tamara; Alvarez, Joe (2018年10月6日). “Wash Westmoreland: “My dad started me making films””. https://www.ikonlondonmagazine.com/wash-westmoreland-dad-filmmaking/ 2018年10月7日閲覧。 
  3. ^ コレット”. スター・チャンネル. 2019年10月6日閲覧。
  4. ^ a b Jaafar, Ali (2016年2月1日). “Keira Knightley In Talks To Star In ‘Colette’ Biopic” (英語). http://deadline.com/2016/02/keira-knightly-in-talks-to-star-in-colette-nobel-prize-world-war-two-gigi-audrey-hepburn-carol-1201628380/ 2017年5月16日閲覧。 
  5. ^ Keira Knightley in Talks to Star in 'Carol' Producers' 'Colette'”. Variety (2016年2月1日). 2017年10月18日閲覧。
  6. ^ “Keira Knightley drama 'Colette' adds Dominic West ahead of shoot” (英語). http://www.screendaily.com/news/production/keira-knightley-drama-colette-adds-dominic-west-ahead-of-shoot/5117776.article 2017年5月16日閲覧。 
  7. ^ Lodderhose, Diana (2017年5月23日). “Denise Gough, Fiona Shaw, Robert Pugh & Rebecca Root Round Out Cast For ‘Colette’” (英語). http://deadline.com/2017/05/denise-gough-fiona-shaw-robert-pugh-rebecca-root-round-out-cast-for-colette-1202100595/ 2017年6月21日閲覧。 
  8. ^ N'Duka, Amanda (2017年6月21日). “Eleanor Tomlinson Cast In ‘Colette’; Vlad Alexis Boards ‘Code 8’” (英語). http://deadline.com/2017/06/eleanor-tomlinson-colette-vlad-alexis-code-8-1202116757/ 2017年6月21日閲覧。 
  9. ^ Film crews at farm for Keira Knightley movie” (英語). Witney Gazette. 2017年6月21日閲覧。
  10. ^ “Keira Knightley is Budapesten forgat” (ハンガリー語). (2017年6月12日). http://24.hu/szorakozas/2017/06/12/keira-knightley-is-budapesten-forgat/ 2017年6月21日閲覧。 
  11. ^ Debruge, Peter (2017年11月29日). “Sundance Film Festival Unveils Full 2018 Features Lineup” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/sundance-film-festival-2018-lineup-program-1202625522/ 2017年11月29日閲覧。 
  12. ^ Fleming Jr, Mike (2018年1月21日). “Keira Knightley-Starrer 'Colette' In First Big Sundance Deal: Bleecker Street & 30WEST Team For U.S. Rights”. Deadline Hollywood. 2018年7月14日閲覧。
  13. ^ Lang, Brent (2018年1月21日). “Sundance: Lionsgate Nabs U.K. Rights for 'Colette' (EXCLUSIVE)”. Variety. 2018年7月14日閲覧。
  14. ^ Colette release schedule”. Bleecker Street Media. 2018年9月21日閲覧。
  15. ^ Chuba, Kirsten (2018年2月16日). “Bleecker Street Announces Release Dates, Including ‘Colette,’ ‘Papillon,’ ‘On Chesil Beach’” (英語). Variety. https://variety.com/2018/film/news/bleecker-street-releases-for-colette-papillon-and-on-chesil-beach-1202702424/ 2018年2月16日閲覧。 
  16. ^ Colette”. Launching Films. 2018年7月14日閲覧。
  17. ^ Colette (2018)”. Rotten Tomatoes. Fandango. 2019年2月1日閲覧。
  18. ^ Colette Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2019年2月1日閲覧。
  19. ^ “Craft Winners Announced” (プレスリリース), London: British Independent Film Awards, (2018年11月15日), オリジナルの2018年11月15日時点によるアーカイブ。, https://www.bifa.film/news/craft-winners-announced/ 2018年11月15日閲覧。 
  20. ^ “The Favourite Wins 10 Including Best British Independent Film” (プレスリリース), London: British Independent Film Awards, (2018年12月3日), オリジナルの2019年1月31日時点によるアーカイブ。, https://www.bifa.film/news/winners-2018/ 2018年12月3日閲覧。 
  21. ^ Kilkenny, Katie (2019年1月3日). “'The Favourite,' 'Pose,' 'Killing Eve' Lead Dorian Award Nominations”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2019年1月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190104060713/https://www.hollywoodreporter.com/news/dorian-award-nominations-favourite-pose-lead-1173113 2019年1月3日閲覧。 
  22. ^ Kilday, Gregg (2019年1月8日). “Dorian Awards: 'The Favourite' Named Film of the Year”. The Hollywood Reporter. 2019年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月8日閲覧。
  23. ^ Hollywood Music in Media Awards: Full List of Winners”. The Hollywood Reporter. 2019年2月1日閲覧。
  24. ^ “34th Film Independent Spirits Nominations Announced” (プレスリリース), Los Angeles: Independent Spirit Awards, (2018年11月15日), オリジナルの2018年11月17日時点によるアーカイブ。, https://s3.amazonaws.com/PressReleasesSA/2019_SA_NomineeOnesheet_111618.pdf 2018年11月17日閲覧。 
  25. ^ “International Press Academy The 23rd Annual Satellite Awards™ 2018 Nominations Ballot” (プレスリリース), International Press Academy, (2018年11月29日), オリジナルの2018年11月30日時点によるアーカイブ。, http://www.pressacademy.com/wp-content/uploads/2018/11/2018_Press_Academy_NOMINATIONS.pdf 2018年11月29日閲覧。 
  26. ^ “'Roma', 'A Star is Born' Set for Top Honors at 23rd Satellite™ Awards” (プレスリリース), International Press Academy, (2019年1月3日), オリジナルの2019年1月4日時点によるアーカイブ。, http://www.pressacademy.com/news/the-international-press-academy-announces-nominations-for-the-23rd-annual-satellite-awards-copy/ 2019年1月3日閲覧。 
  27. ^ “'The Favourite' Leads the 2018 Seattle Film Critics Society Nominations” (プレスリリース), Seattle, WA: Seattle Film Critics Society英語版, (2018年12月10日), オリジナルの2018年12月10日時点によるアーカイブ。, http://seattlefilmcritics.com/2018/12/10/the-favourite-leads-the-2018-seattle-film-critics-society-nominations/ 2018年12月10日閲覧。 
  28. ^ “'Roma' Named Best Picture of 2018 by Seattle Film Critics Society” (プレスリリース), Seattle, WA: Seattle Film Critics Society英語版, (2018年12月17日), オリジナルの2018年12月17日時点によるアーカイブ。, http://seattlefilmcritics.com/2018/12/17/roma-named-best-picture-of-2018-by-seattle-film-critics-society/ 2018年12月17日閲覧。 

外部リンク[編集]