コマンド記号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

コマンド記号(コマンドきごう)と呼ばれる記号である。主にアップル製ハードウェア用キーボードコマンドキーに刻印されている。記号の形状からプロペラ四葉クローバーと呼ばれることもある。

歴史[編集]

この記号は、北欧で400年 - 600年ごろ作られ、コマンド記号を含んだ石版などが発見されている。

この記号は1000年前のフィンランドの木製のスキーにも使用されていた。

現代の用途[編集]

スウェーデンの道路標識

北欧にある、デンマークアイスランドノルウェーフィンランドスウェーデンエストニアでは道路標識として使用されている。

フィンランドの5ペンニ硬貨

フィンランドでは5ペンニ硬貨に使用されていた。

コマンドキー

アップルコンピュータMacintoshでは、修飾キーとして、コマンドキーとよばれるキーが使用され、コマンド記号が刻印されている(2007年以前は、コマンド記号と並んでアップルマークも刻印されていた)。

コンピュータにおけるコマンドキーを説明する手段のため、文字コードとしてはマッキントッシュの文字コードとして含まれており、ユニコードでも採用され、その後JIS X 0213にも含まれるようになった。

数式による表現[編集]

この記号は次の連立方程式で表現される。

x(t) = 3\cos(t) + 2\cos(3t)
y(t) = 3\sin(t) - 2\sin(3t)

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2318 1-7-92 ⌘
⌘
コマンド記号

PLACE OF INTEREST SIGN

関連項目[編集]