コイパサ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Lago Coipasa
Salar de Coipasa, Bolivia.jpg
Lago Coipasaの位置(ボリビア内)
Lago Coipasa
Lago Coipasa
場所 オルロ県サバヤ郡
座標 南緯19度12分 西経68度07分 / 南緯19.200度 西経68.117度 / -19.200; -68.117座標: 南緯19度12分 西経68度07分 / 南緯19.200度 西経68.117度 / -19.200; -68.117
主な流入 ラウカ川
Bolivia
水面積 806 km2 (311 sq mi)
最深部 3.5 m (11 ft)
水面標高 3,657 m (11,998 ft)

コイパサ湖 (Lago Coipasa) は、南アメリカ大陸の西部のアンデス山脈の中部に存在する塩水湖である。

この場所はボリビア南西部のオルロ県南西部のサバヤ郡属している。湖面の標高は3657 mで、面積806 km²、水深3.5mで、周囲にはコイパサ塩原 (Salar de Coipasa)、火山Wila Pukaraniがある。アルティプラーノ西部、ウユニ塩原の北20km、オルロウアラを結ぶ幹線道路の南に位置している。ラウカ川が注ぐ。

多くのフラミンゴが生息している。