ゲガルド修道院とアザト川上流域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ギガルド修道院と
アザト川上流域
アルメニア共和国
ギガルド修道院中央聖堂
ギガルド修道院中央聖堂
英名 Monastery of Geghard and the Upper Azat Valley
仏名 Monastère de Gherart et la Haute vallée de l’Azat
登録区分 文化遺産
登録基準 (2)
登録年 2000年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ゲガルド修道院とアザト川上流域の位置
使用方法表示

ギガルド修道院とアザト川上流域(ギガルドしゅうどういんとアザトがわじょうりゅういき)は、アルメニア共和国にあるユネスコ世界遺産登録物件名。登録は2000年キリスト教非カルケドン派アルメニア使徒教会修道院建築とその周辺地域を対象とする。

概略[編集]

ギガルド修道院は、301年に歴史上初めてキリスト教を国教と定めたアルメニアでも古い歴史を持つ修道院で、初期キリスト教時代にはすでに開設されていたと伝えられている。アイリヴァンク、すなわち洞窟修道院とも呼ばれ、院域のいくつかは岩盤を穿って造られた洞窟となっている。修道院の名称である「ギガルド」はを意味する言葉で、キリストの脇腹を突いた聖槍の一部がここで発見されたことにちなむ。

今日残っている中央聖堂は、1215年から1283年にかけて建設されたものであるが、僧院や礼拝堂、食堂などは、中央聖堂北側に接する岩盤を穿って造られ、天井はイスラーム建築ムカルナスの影響によると思われる鍾乳石装飾で覆われている。僧院内には、十字架を彫った石盤がいたるところに設置されている。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

座標: 北緯40度09分22秒 東経44度47分56秒 / 北緯40.15611度 東経44.79889度 / 40.15611; 44.79889

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg アルメニアの世界遺産
World Heritage Sites in the Republic of Armenia

文化遺産
ハフパット修道院サナイン修道院 | ゲガルド修道院とアザト川上流域 | エチミアジンの大聖堂と教会群ならびにズヴァルトノツの考古遺跡
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | アルメニアの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、アルメニアの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。