ゲイモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲイモス
ジャンル 3Dシューティング
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 WIXEL/マイクロニクス
発売元 アスキー
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 320キロビットロムカセット[1]
発売日 日本 198508281985年8月28日
その他 型式:HSP-02
テンプレートを表示

ゲイモス』は、1985年8月28日アスキーより発売されたファミリーコンピュータ用ソフト。

概要[編集]

3Dシューティングゲーム。であり、戦闘機を動かして敵を次々と倒して行き、ボス「フォボス」を倒すゲーム。全6面。

漫画『ファミ魂ウルフ』(1986年)では主人公と敵がこのゲームをプレイして、どちらが先に6面クリアできるかという勝負があった。

ゲーム内容[編集]

対空武器の「パルサー」、対地武器の「クェーサー」を使い分けて敵を倒す。各ステージは太陽系の各惑星が舞台となっており、地球からスタートしてだんだん太陽系の外側へとステージは進んでいく。6面をクリアすると1面に戻るいわゆる「ループもの」であり、残機がなくなるまでゲームは続く。

フォボスは弱点にパルサーを5発撃ち込むことで次の惑星へワープ(逃亡)してステージクリアとなるが、フォボス戦には時間制限があり、制限時間内に5発撃ち込めないと「そのステージを最初からやり直し」になる。

このゲームには「モードA」と「モードB」がある。スクロールの関係で自機の操作感に大きな違いがあるが、操作方法やゲームのルール自体に違いは無い。

モードA:上下左右方向には固定された画面の枠内で自機を動かせる。
モードB:自機が常に画面中央に固定されたアングルで、十字キーの操作で自機以外が動く。自機を動かせる範囲はモードAと同じ。

評価[編集]

ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の1991年5月10日号特別付録「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「2つのモード選択で画面の動きの好きな方を選べるがあまり意味がない」と紹介されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 223頁。

外部リンク[編集]