ゲイッソロマ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲイッソロマ科
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ニシキギ目 Celastrales
: ゲイッソロマ科 Geissolomataceae
: ゲイッソロマ属 Geissoloma
: G. marginatum

ゲイッソロマ科(Geissolomataceae)は双子葉植物の科で、Geissoloma marginatumの1属1種だけからなる単型科。南アフリカケープ植物区の乾燥地に生育する常緑低木は四角い。は厚く、対生で交互に直角方向に出るので、上から見ると四角に見える。は両性花で茎頂に単生する。基部にが6枚(3対)あり、も4数性。がく片(4個)も花弁のように赤くなる。花弁、雄蕊、心皮は各4、8、4個。果実はさく果で種子4個を含む。アルミニウムを蓄積する性質がある。

新しいAPG植物分類体系ではバラ類(Rosids)に属する単独の科としているが、現在はクロッソソマ目と共通の系統に入るとする考えが有力。

外部リンク[編集]