ケープペンギン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケープペンギン属
ケープペンギン
ケープペンギン Spheniscus demersus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ペンギン目 Sphenisciformes
: ペンギン科 Spheniscidae
: ケープペンギン属 Spheniscus
学名
Spheniscus Brisson, 1760[1][2]
タイプ種
Diomedea demersa Linnaeus, 1758[1]
和名
ケープペンギン属[3]

ケープペンギン属(ケープペンギンぞく、Spheniscus)は、鳥綱ペンギン目ペンギン科に分類される属。別名フンボルトペンギン属[4]

形態[編集]

上面は黒く、下面は白い[4]。胸部には黒い帯模様が入る(マゼランペンギンでは2本)[4]。下面に黒い斑点が入る[4]

顔には羽毛のない裸出部があり、ピンク色になることもある[4]

分類[編集]

属名Spheniscusは、古代ギリシャ語で「楔」の意があるsphēn, sphēnosに由来する[5]。泳ぐ姿が由来になっているとされる[4][5]

以下の分類・英名は IOC World Bird List (v10.1)、和名は山階(1986)に従う[2][3]

生態[編集]

マゼランペンギンを除いて食物が豊富であれば年に複数回、繁殖を行う[4]。一方でエルニーニョなどによって食物が不足すると繁殖しない[4]。グアノや地面に掘った巣穴や茂み・岩の割れ目などに巣をつくる[4]

画像[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Robert A. Falla and Jean-Louis Mougin (1979). “Order Sphenisciformes”. In Ernst Mayr and G. William Cottrell (eds.). Check-list of Birds of the World. Volume 1 (2nd ed.). Museum of Comparative Zoology. pp. 121-134 
  2. ^ a b Kagu, sunbittern, tropicbirds, loons, penguins, petrels, Gill, F & D Donsker (Eds). 2020. IOC World Bird List (v10.1). https://doi.org/10.14344/IOC.ML.10.1. (Downloaded 30 April 2020)
  3. ^ a b 山階芳麿 「ケープペンギン属」『世界鳥類和名辞典』大学書林、1986年、19頁。
  4. ^ a b c d e f g h i ポーリン・ライリー 「フンボルトペンギン属」『ペンギン ハンドブック』青柳昌宏訳、どうぶつ社、1997年、132-134頁。
  5. ^ a b James A. Jobling, "Spheniscus," The Helm Dictionary of Scientific Bird Names, 2010, Page 361.