ケン・スネイクヒップス・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ケン・"スネイクヒップス"・ジョンソン(Ken "Snakehips" Johnson、1914年9月10日 - 1941年3月8日)は、ジャズバンドリーダーダンサー1930年代イギリスにおける黒人音楽を主導する人物のひとりであった[1]

生涯[編集]

ケンリック・レジナルド・ハイマンズ・ジョンソン (Kenrick Reginald Hijmans Johnson) として[2]、当時のイギリス領ギアナ(後のガイアナ)に生まれ、15歳の時に両親からイギリスへ送られて、バッキンガムシャーマーロウ英語版サー・ウィリアム・ボーレイズ・グラマー・スクール英語版に学び[3]、さらにエディンバラ大学に進んで医学を学んだ。

ダンスの興味を持ったジョンソンは、アメリカ人振付師バディ・ブラッドレー英語版の教えを受けた[1]。ニックネームの「スネイクヒップス」は、ジョンソンのダンスから付けられたもので、彼の「滑らかで自在なスタイル (fluid and flexible style)」を踏まえていた[3]

1934年ニューヨークを訪れたジョンソンは、バンドリーダーになることを思いついた[1]1936年、ジョンソンは、レスリー・トンプソンのバンドの指揮をとることになり[4]、さらに自分自身のバンド「ケン・ジョンソンと彼のリズム・スウィンガーズ (Ken Johnson and his Rhythm Swingers)」を結成し、後にはこれを「ザ・ウェスト・インディアン・オーケストラ (The West Indian Orchestra)」と改称して、おもに西インド諸島出身のミュージシャンたちが作曲したジャズスウィング・ジャズの音楽を演奏してスターになった,[1]第二次世界大戦の開始後、彼のバンドは、ロンドンのファッショナブルなナイトクラブで「デビュタントやセレブたち (debs and celebs)」が集う、「豪華な地下世界 (sumptuous, subterranean)」だったカフェ・ド・パリ英語版ハウスバンド英語版となった[5]。ここでバンドは、BBCラジオの包装用の録音も行うことができ、より多くの人々に音楽を聴いてもらうことができたし、最初期のテレビにも出演した[1]

1941年3月8日ザ・ブリッツ(ロンドン大空襲)の際に、2発の爆弾が建物の屋根を破って、演奏を始めて間もなかったカフェ・ド・パリのダンス・フロアに着弾した[6]。『タイム』誌の報道によると、ちょうど楽団が「Oh Johnny, Oh Johnny, How You Can Love!」を演奏している最中に、クラブが爆撃されたのだという[7][8]。80名ほどが負傷し、少なくとも34名が死亡したが[8]、死者の中には当時26歳だったジョンソンと[9]サクソフォーン奏者のデイヴ・"ババ"・ウィリアムス (Dave "Baba" Williams) が含まれていた[10]

ゴールダー・グリーン火葬場英語版火葬されたジョンソンの遺灰は[11]、母校のサー・ウィリアム・ボーレイズ・グラマー・スクールの礼拝堂に安置され、顕彰板も設けられた [12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Swinging into the Blitz: A Culture Show Special, BBC Two, 16 February 2013.
  2. ^ Val Wilmer, "Johnson, Kenrick Reginald Hijmans (1914–1941)", Oxford Dictionary of National Biography.
  3. ^ a b The Ken SnakeHips Johnson Story at www.swingtime.co.uk
  4. ^ John Cowley, "London is the Place: Caribbean Music in the Context of Empire 1900-60", in Paul Oliver (ed.), Black Music In Britain: Essays on the Afro Asian Contribution to Popular Music, Milton Keynes, Open University Press, 1990, pp. 57-76.
  5. ^ Tony Rennell, "The blitz 70 years on: Carnage at the Café de Paris", Mail Online, 9 April 2010.
  6. ^ Andrew Janes, "The bombing of the Café de Paris", Records and research, 8 March 2013, The National Archives.
  7. ^ "The Cafe de Paris, the Trial of Elvira Barney and the death of Snakehips Johnson", Another Nickel In The Machine.
  8. ^ a b Ken "Snakehips" Johnson at West End at War. Retrieved 11 January 2010.
  9. ^ CWGC Casualty Record.
  10. ^ Black History Month - Black British Swing: Caribbean Contribution to British Jazz in the 1930s and 1940s at www.blackhistorymonth.org.uk
  11. ^ Ken Snakehips Johnson, Find-a-grave entry.
  12. ^ "Ken 'Snakehips' Johnson Dance band leader was a pupil here 1929-1931", Open Plaque.

外部リンク[編集]