ケン・アリベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケン・アリベック 2003年

ケン・アリベック(Kenneth "'Ken" Alibek、1950年 - )は、ソビエト連邦医師微生物学者生物兵器専門家。ソ連の生物兵器の開発責任者だったが、ソ連崩壊後の1992年にアメリカに亡命した。ロシア名はカナジャン・アリベコフ (ロシア語: Канатжан Алибеков, Kanatzhan Alibekov)。

ソビエト連邦内のカザフ・ソビエト社会主義共和国の村、カウチュクで生まれ、アルマトイで育った。1975年にトムスク医科大学軍事学部を卒業し、生物兵器開発組織のバイオプレパラトに配属となった。このときの軍の階級は少尉。

1981年にオムトニンスクの拠点の副所長に昇格し、その後ステフノゴルスクに移り所長となった。ステフノゴルスクでは新型の炭疽菌の量産や、ツラレミアペストの兵器化を進めた[1]。ステフノゴルスク在任中に大佐に昇格。1987年にモスクワに移り、バイオプレパラトの第一副局長となった。1992年に家族と共にアメリカに亡命。

1999年にソ連の生物兵器開発を暴露した著書「バイオハザード」を出版した。

出典[編集]

  1. ^ ケン・アリベック 『バイオハザード』

著書[編集]

  • ケン・アリベック『バイオハザード』山本光伸訳、二見書房、1999年。
    • (文庫版改題)「生物兵器―なぜ造ってしまったのか?」2001年