ケルシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケルシュを注いだシュタンゲ
シュタンゲを挿したクランツ

ケルシュドイツ語: Kölsch)は、ドイツケルン地方で伝統的に醸造されているビールスタイルアルコール度数は5%前後とされている[1]

ケルシュにおける条件の目安[1]
初期比重 1.042-1.048
最終比重 1.008-1.012
アルコール度数 4.8-5.2%
IBU 20-32
色度数 3-5 SRM

詳細[編集]

ケルン地方でビールが醸造されはじめたのは873年と言われているが、現在のケルシュの歴史は100年ほどであり、ビールのスタイルとして正式に認められたのは1985年になってからである[2]

ケルシュは上面発酵用の酵母を下面発酵に近い低温で醸造されるのが特徴[3]。ピルスナー麦芽が使われるが、他の麦の麦芽が加えられることもある[2]ホップの味は強めだが、アルトビールと比べると苦味も刺激も少ない[2]

ケルンで醸造されたもののみが「ケルシュ」を名乗ることを許されている。ケルン以外で醸造されたものは「ケルシュ風」スタイルとなる[3]

ケルシュは、シュタンゲ(: Stange、棒)と呼ばれる200ミリリットルの円柱型の細長いグラスで提供される。近年は容量が100ミリリットルと少なく、一息で飲み乾せる小柄なグラス、: Stößchenも流行している[2]

ケルシュ協定[編集]

ケルシュ協定: Kölsch-Konvention)、あるいはケルシュ協約とは、1986年に定められた地理的表示保護制度(: Geschützte geografische Angabe、略称g.g.A.)である。

ケルンの醸造家によって締結され、上述のようにケルンで醸造されたもののみが「ケルシュ」を名乗ることを許可するほか、品質を保つために醸造などに関する規定が定められている。このルールの中にはケルシュを注ぐグラス(上述のシュタンゲ)についての規定もある。

出典[編集]

  1. ^ a b 日本地ビール協会. “JCBA ビアスタイル・ガイドライン カテゴリーC”. 2008年2月3日閲覧。
  2. ^ a b c d ヤン・ヒレスハイム 『ビールを楽しむドイツ語』 金子みゆき訳、三修社2009年、50-51頁。ISBN 9784384059595
  3. ^ a b 野村浩二、菅原亮平、三輪一記 『ビール事典』 学研パブリッシング2014年、39頁。ISBN 9784058002674