アルトビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルトビール

アルトビールドイツ語: altbier)は、上面発酵ビールスタイルの一つであり、ドイツデュッセルドルフで発展した[1]

概要[編集]

ドイツ語のドイツ語: altは、英語の英語: oldの意味であり、下面発酵が普及する以前から作られていることに由来する[1]。比較的高温の摂氏15度から摂氏20度で発酵させ、熟成は低温で行われる[2]。液色は赤銅色で、アルコール度数は4.5%前後となる[2]

フルーティな香りが特徴であり、ホップの苦味は強めだが製品によって幅広い[2][3]

アルトビールは、同じ上面発酵のビールであるケルシュと激しい競合関係にあるが、前者は黒褐色をしているのに対し、後者は黄金色をしているほか、味覚の点でかなりの相違がある[要出典]

代表的な醸造所[編集]

いずれもデュッセルドルフ。

日本国内の醸造所[編集]

日本でも、2009年頃からのクラフトビール隆盛に伴い、アルトビールを醸造する醸造所が複数存在する。

出典[編集]

  1. ^ a b 日本ビール文化研究会 『改訂新版 日本ビール検定公式テキスト』 実業之日本社2014年、69頁。ISBN 978-4408133607
  2. ^ a b c d 古くて新しいアルトビール”. ドイツニュースダイジェスト (2013年5月15日). 2018年9月3日閲覧。
  3. ^ 『ビール事典』 学研プラス2014年、39頁。ISBN 978-4059136187