ケニア・マジンジラ緑の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ケニア・マジンジラ緑の党Mazingira Green Party of Kenya)は、ケニア政党。ケニアにおける緑の党環境政党である。以前の党名は、ケニア自由党Liberal Party of Kenya、LPK)である[1]。 「マジンジラ」とは、スワヒリ語で「環境」を意味する言葉である。環境保護政党の国際組織である「グローバルグリーンズ」に加盟している[2]

1997年総選挙、大統領選挙では、後にノーベル平和賞を受賞するワンガリ・マータイを大統領候補に選出するが、最終的に立候補は断念した。 次の2002年総選挙ではマータイが党首に選出され、マジンジラ緑の党は政党連合国民虹の連合(NARC)」に参加した。マータイ自身はテツ選挙区 Tetu Constituencyから立候補し当選した[3]

2007年総選挙 Kenyan general election, 2007では、マジンジラ緑の党は、ムワイ・キバキ大統領が率いる新党国家統一党に参加した[4]が、マジンジラ緑の党自体も大統領選挙に候補を擁立した。総選挙では北イメンチ選挙区 North Imenti Constituencyで国家統一党の候補を下して1議席を獲得した[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]