民主主義回復フォーラム・アシリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

民主主義回復フォーラム・アシリ民主回復フォーラム・アシリ英語: Forum for the Restoration of Democracy – Asili)は、ケニア政党。通常、FORD-Asili(フォード・アシリ)やFORD-Aの略称で呼ばれる。 「アシリ」はスワヒリ語で「元祖」「本家」「オリジナル」の意。

FORD-Asiliの起源は1991年複数政党制を求めて結成された政治運動(のちに政党)である民主主義回復フォーラム(FORD)である。民主化の進展に伴い全国規模の政党に成長するが、総選挙を目前に路線対立が先鋭化し、1992年8月、2つの派閥に分かれた。

長老政治家ジャラモギ・オギンガ・オディンガを中心とするオディンガ・キジャナ派(またはFORD-Agip)はナイロビ、ハイレ・セラシエ大通りにある元の党本部(アジップ館、Agip House)に残り、一方ケネス・マティバマーティン・シククら(FORD-Muthithi)はナイロビ郊外のウェストランズ英語版に移った。

結局、1992年ケニア総選挙英語版を前に党は、ジャラモギ・オギンガ・オディンガを中心とする民主主義回復フォーラム・ケニア(FORD-K)とケネス・マティバを中心とする民主主義回復フォーラム・アシリ(FORD-A、FORD・アシリ)に分裂した。FORD・アシリはケネス・マティバを大統領候補に擁立したが野党分裂の影響もあり、現職のダニエル・アラップ・モイ大統領の再選を許した。また、議会選挙では中央州ムランガ県東部州西部州で票を集め、31議席を獲得した[1]

1997年ケネス・マティバマーティン・シククが大統領選挙などをめぐって対立し、シククが党の大統領候補となったが、党勢は凋落し、シククの得票率はわずか0.6パーセントに終わった。議会選挙でも1議席を得るにとどまった。

2002年ケニア総選挙英語版では、議会選挙で212議席中、2議席を得るにとどまった。大統領選挙では候補者を擁立せず、ムワイ・キバキ候補を支持した [2]

2007年ケニア総選挙英語版でも、現職のキバキ大統領を支持した。議会選挙ではジョン・カウリキが当選し1議席を得た。なお、キバキ支持の方針に反対したケネス・マティバは独自に大統領選挙に立候補したものの得票率は0.081パーセントに過ぎなかった。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.ipu.org/parline-e/reports/arc/2167_92.htm
  2. ^ http://article.wn.com/view/2002/10/26/FordAsili_to_Back_Kibaki_for_Presidency/