ケッペル港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ケッペル港

ケッペル港(英語:Keppel Harbour簡体字吉宝港口)は、シンガポールの最古にして最大の港である。
シンガポールは香港ベイルート港などと同じく、関税の掛からない自由貿易港として栄えている。北緯1度16分0秒 東経103度50分0秒 / 北緯1.26667度 東経103.83333度 / 1.26667; 103.83333

歴史[編集]

1848年英国のキャプテン・ヘンリー・ケッペルが発見、喫水が取りやすい湾岸環境と、地政学的な位置関係に着目した。以降、「ニュー・ハーバー」という港湾ドッグとして開発、利用されてきた。 1900年、ケッペルが再度シンガポールを訪問した際に、その名誉を称えるために現在の港名に変わった[1]2020年までにタンジョン・パガー、ブラニ島、ケッペル、パシ・パンジャンの4地区にあるシンガポール港のターミナルを同国南西部のトゥアスに集約移転する予定。

脚注[編集]

[ヘルプ]